サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


なぜ元金の返済は経費にならないのか | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
なぜ元金の返済は経費にならないのか

なぜ元金の返済は経費にならないのか

 

 

 

例えば2,000万円の物件を頭金200万円と、

 

借入金1,800万円で購入した時の仕訳は

 

 

 

借り方        貸し方

建物100      現金預金(頭金等)  20

 土地100      借入金       180


というふうに記入します。

 

借入金を返済した時は(元利均等返済の場合)


借り方            貸し方   

 借入金     9      現金預金  10
借入金利息   1



となります。


借入金は、経費でなく負債のことです。

 

その借入金(元金)を返済しても、借入金という負債が減少します。

 

 


つまり、大家さんの収益活動には、変化をもたらさないためです。

 



借入金というものは、貸借対照表(バランスシート)の負債に当たります。

 


その負債を返済しても当然、負債が減るだけで、

 

損益には関係しないためです。


 


それでも、大家さんとしては、自分のお金を出しているのに、


経費に出来ないのは、おかしいのではないかと言う声が、

 

聞こえてきそうです。

 

 

 

例えば工場で工作機械を、銀行からの借金で買った場合、買った時には、


工作機械という資産と、借入金という負債のやりとりになるわけです。


 

あとで借入金の元金を返済しても、すでに工作機械という資産に


計上済みであるために、2回記入しないわけです。

 


つまりわかりやすく説明しますと、


あなたが経営者とします。


 

事務所のパソコンを購入するために、友達と一緒にある家電量販店に


行ったと仮定します。

 


家電量販店には、パソコンがいっぱいあります。


その中にあなた好みで、事務所にぴったりのパソコンが見つかりました。


価格は10万円。

 

しかし在庫は、現品限り。

 

これを逃すと、他の人に先を越されるかもしれません。

 


あなたはすぐに、そのパソコンを買おうと決めて店員に注文。

 


しかしここで、サイフを持っていないことに気付きました。

 

今すぐに買わなければ、そのパソコンは、

 

他の人に先に買われるかもしれません。

 


どうしてもそのパソコンがすぐに欲しいあなたは、

 

友達にお金を借りることにしました。



 

友達は快く10万円を貸してくれ、あなたは友達に10万円を


1週間後に、返すことを約束しました。


 

パソコンを無事に購入することが出来、店から領収書をもらって、


あなたは喜んで、事務所に帰りました。


 

事務所に戻ったあなたは、ことの成行きを説明して、

 

経理担当者に領収書を渡しました。


 

経理担当者はその領収書をもとに、

 

帳簿に備品消耗品 パソコン 10万円と


記帳しました。
 


この時点であなたが購入した、パソコン10万円は、


めでたく経費(注:10万円以上になると、固定資産)となりました。

 


1週間後あなたは経理担当者に、

 

友達にパソコン代10万円返したよと報告しました。

 

 

さて、あなたは友達にお金を、返した時に経理担当者が、


この10万円を、又経費として計上したら、

 

2重記入になることが分かりますよね。





つまり、パソコン代10万円は、

 

パソコンを買った時にすでに経費となっています。


 

友達にお金を返した時は、元金を返済したことになります。



これを又経費として計上してしまうと、

 

2回記入して、おかしなことになってしまいます。

 


だから元金の返済は、経費として計上することが出来ないんです。

 


つまり借りたお金でモノを買ったり、

 

サービスを受けた時には、経費に出来ますが、

 

そのお金を返した時は、タダお金を返しただけなわけですね。




これが元金の返済が、経費にならない理由ですね。








関連記事
なぜ元金の返済は経費にならないのか


借入金の返済原資は、なぜ減価償却費をプラスする(加える)のか


なぜ、キャッシュフローが赤字なのに課税されるのか

元金返済の意味(何のための元本返済か)

銀行借入は キャッシュフローが全てです

キャッシュフローと銀行融資

不動産投資 黒字倒産

 

 

 

 

 

 


スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://yutaka-1115.jugem.jp/trackback/619
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク