サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


賃貸物件を購入するとは、システムを購入することです | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
賃貸物件を購入するとは、システムを購入することです

賃貸業は立派な ビジネスです

賃貸ビジネスは、サービス業です
賃貸物件を購入するとは、システムを購入することです


賃貸物件を購入するとは、システムを購入することですについて詳しく

 

 

 

 

 


不動産賃貸業は、1回入居してもらえば、

 

退去するまでずっと賃料が入ってきます。

 


管理会社という外注先を使えば、

 

人出もほとんどかかりません。

 


だから固定費も、ほぼ決まっています。

 


不動産賃貸業は特殊な技術や資格などもいらないので、

 

やろうと思えばいつからでも、だれでも出来ます。

 

 



そういうふうに考えると、

 

大家さんの行う不動産投資は、


毎月お金を生むと言うシステムを、

 

購入することになります。

 


そしてそのシステムをうまく運営していくためには、

 

もちろん経営者としての能力が必要になってきます。

 


安くて質の良い賃貸業言うシステムを購入して、

 

手を加えてよりよいシステムにして、


より多くのキャッシュフローを得ることが、

 

大家さんの目的になってきます。

 


土地の評価額が高いほど、銀行は融資しますが、


その分、売り出し価格は高くなります。

 

 

しかし、土地は家賃を生んでくれるわけではないので、

 

土地代が高いと資金の回収に、時間がかかります。

 


建物も、出来るだけ安いほうがいいものです。

 


重要なのは、この2つを少なくして、

 

毎月いくら手元に残るかという事です。


 

だから自分のお金を使わずに、他人のお金も使わせてもらって、


家賃が入ってくるようになれば、一番いいわけで、


そのためには、土地値の安い場所に立つ収益性の高い、

 

築22年以上の木造住宅が、


一番効率の良いシステムだと言えます。

 

 

 

築22年以上経った木造物件に対する評価は、

 

ほとんどゼロに近いものです。
 


激安高利回りというシステムを購入するには、

 

ここがカギになります。

 


築22年以上経ったらすぐに壊れたり、

 

使えなくなるかと言えばそんなことはありません。

 


評価は低いけれど賃貸住宅としては、全然変わりなく使えます。
 


つまりシステム自体は十分に機能するのに、


不当に低い固定資産評価額が、売り出し価格に反映されるわけです。


 

だから大家さんは、こういう物件を購入して


つまり、評価のなくなった建物を購入して、


多くのリターンを得るという事が、大きな意味があるわけです。

 


スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク