サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


サラリーマンの不動産投資は副業になり、就業規則違反になるのか | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
サラリーマンの不動産投資は副業になり、就業規則違反になるのか

サラリーマンの不動産投資は副業になり、就業規則違反になるかについて詳しく

 

 

 

そもそも、アパートマンション経営は副業に当たるのでしょうか。

 

 

一般に、会社は、社員が副業を持つことを、嫌う傾向に有ります。

 

 

表向き、サラリーマンは別会社で、

 

給与所得を得る事は禁止されています。

 

 

現実に会社は、副業を許す場合から、完全に禁ずる場合まで、


就業規則の規定の適用の強弱を、含めてさまざまですが、


兼業となると別になります。

 

 

 

5棟10室持ってると事業に当たりますので、


兼業になります。

 

 


サラリーマンンの兼業は原則禁止ですが、


それでも不動産賃貸業の場合は、


届け出をすることで兼業が、


認められることが多いと思います。

 

 

また公務員の場合も国家公務員法や、


地方公務員法によって、


基本的に副業は禁止されています。

 

 

その理由は、公務員であればビジネス上で、接触した人達を、


優遇してしまう、癒着防止という意味もあるようです。

 

 

 

しかし、公務員の場合でも、


事業的規模でない場合は、兼業にならず、


就業規則に違反しないと思いますよ。

 


不動産又は駐車場の賃貸 次のいずれかに該当する場合は、

 

就業規則違反に抵触する恐れがあります。(人事院規則)

 

 

 

1、5棟10室持ってる場合か、


2、不動産又は駐車場の賃貸料収入の額が、


年額500万円以上である場合です。

 

         

 

 

さて、会社員が副業を行う場合であれば、


業務に支障が出たり、会社の技術やノウハウが、


漏れてしまう可能性があるためですが、


基本的に、兼業大家さんを禁止する就業規則は、


どの会社にも見当たりません。

 

 

転勤で家族ごと引っ越しをする際、


ほとんどの人は、ローンを組んだ自宅は、


戻ってくるまで、人に貸して、


家賃収入を得るようにすると思います。

 

 


確かに物件を購入してからの不動産運営は、


転勤の場合と違って、事業をする目的ですので、


純粋に利回りを求めるという意味では、


副業に当たるかもしれません。

 

 


副業は届けなければ違反で、


届けると認められることが多いのです。

 

 

勤め先に届出をして許可してもらえればいいのですが、


勤め先には、内緒で不動産投資をしている方が多いようです。

 

 

しかし不動産投資は不動産に出資して利益を得るという投資ですから、


株式投資と同じように考えれば、副業に当たらないという考え方も、


当然あると思います。

 

 


管理も、管理会社に依頼すればそれほど時間もかかりませんし、


会社の仕事に影響がおきることはないと思います。

 

 

そもそも不動産投資をすることは、悪いことなのでしょうか。

 

 


いろいろと人によって考え方は違うと思いますが、


不動産投資がうまくいっている人は、


サラリーマンの本業も、うまくいっている人が、


多いように感じます。

 

 

 


むしろ、金銭的にも精神的にも、


会社や組織に頼り切らなくてもよいので、


心に余裕が出ると共に、


精神状態に良いというものです。

 

 

 

今のような、雇用環境の厳しい世の中を、


生きていかなければならない社会を考えると、


本業以外に収入を得る術を身につけることが、


自分の可能性を広げたり、自分の家族を守っていく、


一つの手段になると考えます。

 

 


副業はサラリーマンの、リスクヘッジとして、


十分価値があります。

 

 

会社には、会社の都合で社員をリストラすることもあるわけで、


サラリーマンもサラリーマンの都合で、


副業することも自由だと思います。

 

 


また、いつ本業が傾くかわからないし、


倒産することだってありえます。

 

 


そう思うと社員が、自分の責任に於いて、


自分の人生のリスクをカバーし、


収入を補う手段を持つことは、


社員の当然の権利であると同時に会社にとっても、


いいことではないだろうか。

 

 

 

一般に定年退職で高齢になって、退職が近づいてくると、


退職の1、2年前から慌てて何かやろうとしても、


十分な準備が出来るとは限らないものです。

 

 


かといって、サラリーマンが、独立したり、


起業したりするとしても、いきなり本業を投げ打って、


新しい世界に飛び込むのは、


リスクが大きすぎるというものです。

 

 

 

副業として、徐々に仕事に慣れ、


顧客が必要な仕事は、


ある程度の顧客を確保してから、


機を見て独立に至る、


といったプランが最適でしょう。

 

 


職業の自由があるとともに、


副業の自由もあって当然だと思います。

 

 


まして、不動産投資は他の商売と違って、


どちらかと言えば、株式投資のように、


サラリーマンの仕事に直接、影響をしませんので、


そういう意味では、副業に当たらないと思います。

 

 

本業以外に収入を得る術を身につけることが、


自分の可能性を、広げたり、自分や自分の家族を守っていく、


一つの手段になると考えます。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 


副業を禁止している会社はなぜ多いのか

 

 

独立行政法人労働政策研究所のデーターでは、


副業を禁止している企業は2016年は、


全事業者数の半数を超えている(50,94%)となっています。

 

 

 

そもそもなぜ副業を禁止にしている企業が多いのかといえば、


本業がおろそかになったり、退職の恐れだと思います。

 


また、情報流出や会社の事業と競合したり、


もっといえば、株主の反抗に合ったりすることにつながりますね。

 

 

やはり、本業一本に打ち込むべきという古くからの考えが、


根強いのだと思います。

 


生き馬の目を抜く業界で、


社員が仕事のエネルギーを二分することは、


許されない、会社の士気にかかわると、


特に社長や古参社員の考えが堅いのだと思います。

 


これは古くからある終身雇用の影響があるのだと思います。

 


副業禁止は、会社の就業規則上のことであり、


そもそも、法律は副業を禁じていません。

 

 

もっとも勤務時間中に副業をしていると、


問題がありますが、勤務時間以外のことは、


社員の自由で有意義に使うべきですね。

 


就業時間以外で社員を縛ることはできないはずです。

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

不動産のプロがしないアパート経営をなぜ素人の人ができるのですか

 

不動産投資をする人としない人では価値観が違う

 

実は家賃収入だけで生活している人は少ない

サラリーマンの不動産投資は副業になり、就業規則違反になるか

本業と大家さんの両立

 

不動産会社社員は、投資物件を買うのか

 

なぜ宅建の資格を取っても、独立開業しない人が多いのか

 

宅建資格を活かすことで市場のゆがみを衝く取引ができる

 

宅建業者の役割


なぜ、会社を辞めてはいけないのか

給与より不動産所得のほうが多くてもサラリーマンを続ける人

不動産投資の安定収入が、ビジネスの創業期を支える

 

サラリーマンで不動産投資をする意味

サラリーマン生活と、不動産投資の二足のわらじ

主婦の副業収入

 

就職するにはどうすればいいのか


スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク