サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


両手取引、片手取引について、両手取引、片手取引をうまく利用する | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
両手取引、片手取引について、両手取引、片手取引をうまく利用する

両手取引、片手取引のゆがみについてあれこれ

 

 

両手取引は、双方から仲介手数料をもらう取引のことです。

 


売りたい不動産があるときにどの不動産会社に依頼するかは、


もちろん売主の自由です。

 

 


売主から依頼を受けた仲介業者が買主も、


同じ仲介会社を通じて契約が成立することで、


片手取引の2倍の報酬が得られるので、


業者も取引成立に向けて、自然と力が入ります。

 

賃貸の客付けなら両方から手数料が入りますし、


売買仲介なら、物件価格の3%+6万円を、


両方からもらえることになるので、


これが大きいため、


仕事のし甲斐があるというものです。

 


片手取引は仲介業者が、売主又は買主のどちらか一方のみと、


契約をかわし、他の業者がもう一方を、見つけて成立する取引です。

 

 

当然報酬は売主、又は買主、片方からしかもらえません。

 

レインズを通した取引は、このパターンです。

 

 

売買で、よくあるパターンは、売主が元付け業者と、


専任媒介契約を結んでいる場合です。

 

 


この場合うまくいけば、最高の結果になりますが


最悪のシナリオになる可能性が多々あります。

 


先ず最悪のシナリオから

 

これについては、業者と売主との間の結びつきが強く、


業者が売主の見方であって、うまく丸めこまれてしまう可能性が


あるので注意が必要です。

 


つまり売主から、値引きを引き出す可能性が低くなる取引です。

 

 

値引きをすれば、仲介会社の仲介手数料も、


その分減ることにもつながりますが、


もっとも、売主も値引きを望まないからです。

 


 

特に、売主がさらに買い替えの場合(売主が


同じ業者で物件を売って次の物件を購入する)は、


業者は売主と、売り買いの両方の仕事をしますので、


さらに結び付きが強くなるということです。

 


ただ、このパターンは多くみられる形態であるために、


買主としても、対策を打たなければなりません。

 

 

そのためには買主は、業者に好かれるお客になるように、


心がける必要があります。

 

 

まあ普段からの、付き合いがあればいいのですが、


要するに誠実に業者と向き合う事が大事です。

 

 

 

次に、最高のシナリオです

 

 

これについては大手の不動産屋と、


街の不動産屋さんでは温度差があります。

 

 

自社で集客できる力を持っていない小さい会社は、


情報を業者間公開したり他社に広告を出してもらったりして、


客付してもらえば早期に売主から仲介手数料が入ってきますので、


それを望む傾向が強いです。

 


それに対し、自社で広告を出している大手不動産会社等は、


しばらく自分で買主を見付ける努力をします。

 

 

自力で買主を見付けるのが難しいと判断するまでの間は、


他業者に仲介させないようにして、


自社で買主を見つけようとする傾向にあります。

 

 

いわゆる囲い込みです。

 

 

そのため、せっかく他業者が満額の買主を見付けても、


話を受け付けず、自分ところに、


直接入った買主からの指値の申込書を売主に持って行き、


売主と交渉してその買主との売買を成約させる、


ということが起こりがちです。

 

 

 

仮に鬼のような指値が入っても、


片手より両手のほうが仲介手数料を多く稼げますので、


本当はもっと高く買ってくれる買主がいるだろうに、


両手を取りたい不動産業者のおかげで、


買主は割安に買うことができる、


ということです。


 

ただし片手取引でも注意する必要はあります。

 

 

2つの業者が、間に入るため、


迅速な対応は難しくなります。

 

 

それから取引に対する業者の熱意も小さくなることです。

 


次に専任売却でなく、つまり売主が元付け業者と一般媒介契約を


結んでいる場合について、


この場合でも両手取引と片手取引がありますが、いずれにしろ、


売主が元付け業者と一般媒介契約を結んでいるということは、


売主は他の業者にも仲介を依頼するため、


売主側の業者と売主の結びつきが弱くなりますので、


売主の状況や、物件の状況が、


つかみにくくなるというデメリットはあります。

 


その代わり売主側の業者に、うまく丸めこまれる可能性は、


少なくなるメリットはあります。

 

 

本来は、不動産仲介会社は、


買い側と売り側に別々に付くものです。

 


同様に、一般公開されているネット広告で、


関心のある物件を見つけた買主は、


買い側仲介となる不動産会社を選び、


その会社に仲介を依頼します。

 

 

 

売主と買主は利害が相反することから、


双方が仲介を立てたほうが公正な取引が行われるはずです。

 

 

仲介とは本来そういうものだと、私は思いますが、


不動産業界では両方の仲介を、


1社が引き受けることが認められ、


それを望む業者が多いのが実状で、


半ば慣習になっております。

 


人間の心理として、仲介手数料の両手を取りたいという欲が生れます。

 


そこにゆがみが生まれるのです。

 


両手取引、片手取引のゆがみに気が付いた買主は、


賢明な不動産取引ができることになりますね。

 

 

 

 

 





関連記事
元付業者1ヶ月、客付け業者に1ヶ月 という募集方法

入居者の質

不動産売却、専任媒介について

不動産屋さんは買主、売主のどちらの見方か

専任媒介契約と一般媒介契約

両手取引、片手取引とその歪み

入居者募集の失敗

土地つきの一棟売りアパート 一棟売りマンションはどこで入手するのですかについて

収益物件の探し方

不動産屋とどのように付き合えばよいのだろうか

中古物件の不動産屋さんの案内の仕方

入居者の募集と不動産屋選び

サラリーマンを辞めるために、不動産投資をする

 

きれいな心で大家さんを目指せば不動産投資も人生も穏やかで安らかなものになる


スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク