サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


家賃滞納にはどう対処する(自主管理で保証会社に加入していない場合) | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
家賃滞納にはどう対処する(自主管理で保証会社に加入していない場合)

入居者と直接賃貸契約を結ぶ場合
家賃滞納保証会社と賃貸の状況について(保証会社は永遠に家賃保証するのか)
オーナーチェンジ物件購入、入居者との契約、保証会社加入トラブル
滞納リスクと空室リスクは違う(滞納と空室の会計処理は違う)
入居者リスク(入居者にまつわるリスク)
入居者とのコミュニケーションはとるべきか
入居審査、賃貸保証会社審査
賃貸保証会社保証料と更新料
家賃滞納にはどう対処する。
入居申込後のキャンセルと賃貸契約締結後のキャンセル
確定申告 不動産 滞納家賃の記入の仕方
確定申告 家賃滞納したまま退去
滞納者への対処
家賃滞納者への対応は滞納保証会社を利用する
住宅ローン保証会社審査についてとその対策
連帯保証人が必要な本当の理由
家賃滞納にはどう対処する(自主管理で保証会社に加入していない場合)


家賃滞納にはどう対処する(自主管理で保証会社に加入していない場合)について

 

 

 

家賃滞納で一番困るのは、


保証会社が保証していない入居者です。

 


昨今、入居人を募集する際は、


ほとんど保証会社を付けるようになっていると思います。

 


そうはいっても、物件を購入する前から住んでいる入居人の場合、


保証会社契約がない人が含まれている可能性があります。

 

 


また、管理会社を変更する場合があります。

 


そんな場合は、保証会社の契約を引き継げないケースがあります。

 

 

(既存の賃貸管理会社が使用している保証会社の規約次第ですが)

 

 


また、保証会社に入っていても、保証会社が経営破たんした場合は、

 

どうしようもありません。

 


保証会社の経営破たんは実際起こっていますし、

 

この先も起こりがちです。

 

 


自主管理をしている大家さんの場合、


銀行口座に入居者からの振り込みがない時は、


これは初期対処が肝心です。

 

 

毅然とした態度が必要です。

 

 

大家さんはすぐに賃貸仲介会社に連絡を入れ、


仲介会社から入居者への督促の電話を、


入れてもらうことが一番です。

 

 

大家さんが自ら電話で督促するよりも


仲介会社経由で連絡してもらいましょう。

 

 

効き目がない場合は保証人にも、


電話を入れてもらいましょう。

 

 


ただそのあとで入居者から連絡があるはずです。

 


ここまででほとんど解決します。

 


中古物件を購入した場合、


購入する前から住んでいて、


賃貸仲介会社を特定できない場合は、


直接入居者に対峙するしかありません。

 

 

その場合は、ハガキを送るようにしましょう。

 

 

家賃が振り込まれてないようですが、どうなってますか、


といった内容です。

 

 

催促のはがきの文面は銀行がローン遅延者に送るやり方を、

 

真似るといいかもしれません。

 


通常、家賃は前払いであり、滞納が発生すると、

 

大家さんは直ちに支払を催促するのですが、

 

借地借家法により居住権は借主に相当有利に保護されています。

 

 

しかし、大家さんは、滞納があると金銭的損害を被るため、

 

信頼関係の崩壊につながりかねません。

 


強い気持ちを持って、


強制退去も辞さない態度で臨むべきです。

 

 

しかし、万が一それでも支払いがない場合は、

 

次の対策を打たなければなりません。

 

 


再度、文書で通知することですね。

 

 

手紙の前文に内容証明と明記し、督促文、

 

本文の後ろに家賃滞納者の住所、氏名を記載し、

 

最後に大家さんの住所、氏名を記載することで、

 

内容証明となります。

 

 


この際、同様の文章を3部作成しておいて、


控えをとっておいてから送付します。

 


そして保証人にも同様に文書で支払いを督促します。

 

 

通常は、本人や保証人に対する支払い督促で、


家賃問題は解決するはずです。

 

 


ただしこれだけは守ることです。

 


サラリーマン大家さんは、決して入居者の前には、

 


顔を出してはいけません。

 

 


直接、電話もかけないことです。

 


大家さんは入居者とこの件に対しては、

 

直接話をしないことです。

 


必ず第三者を間にはさんで解決を図ることです。

 

 


この件に対してはイエスかノーかしかありません。

 

 

これが大家と店子の関係ですね。

 

 

大家さんが直接入居者の元へ家賃の催促に回れば、


入居者に軽んじられます。

 

 

言い訳を一切聞かず例外は認めないことです。

 

 

 

最終的には裁判所への訴訟になるのですが、


そこまでいかないで解決したいはずです。

 

 


しかし、長期に渡って又は頻繁に滞納が続く悪質入居者にたいして、

 


大家さんは、大きな金銭的損害を被るため、

 


信頼関係の崩壊等を根拠に、賃貸借契約の解除通知を発信し、

 


簡易裁判所で提訴すれば、強制退去が、

 


裁判所によって行われることとなります。

 

 

 

つまり、賃貸借契約の解除通知が有効との判決が下れば、

 


強制退去が裁判所によって行われます。

 

 

 

悪質な入居者や保証人は、

 


申し開きできることはありません。

 

 


未納分は入居者の給与を差し押さえたり、

 

家財道具を抑えるなどして回収が図られます。

 

 

滞納者は、これで降参することになりますね。

 

 


家賃滞納があると保証会社や管理会社のありがたさがよくわかります。

 

 


普通、入居者を募集する場合、保証会社が通ってしまったら、


ほぼ100%の確率で入居させることが多いと思います。

 


しかし、保証会社の選定にあたっては、


保証会社の規模、信用力等を、


事前確認を行うことをお薦めします。

 

 

保証会社自体の格付けもあります。

 

 

審査厳しめの保証会社もあれば、


ほとんど通るところまで、ピンからキリです。

 

 

ほんとうは入居審査の厳しい保証会社を選びたいですが、


空室が埋まらない場合は、緩めの保証会社でも仕方ありません。

 

 

保証会社の選定は、賃貸仲介会社がよく知っています。

 

 


取り扱ってる保証会社を勧めてもらえますし協力してくれます。

 


スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://yutaka-1115.jugem.jp/trackback/64
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク