サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


入居者の入れ替わりが多い物件 | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
入居者の入れ替わりが多い物件

入居者の入れ替わりが多い物件についてあれこれ

 

 

一般的にワンルームや1Kは、退去までの期間が、

 

短いと言われます。

 

 

その代り募集すれば入居者は埋まりやすいのです。

 

 

つまり、入居期間は短く、空室期間も短いと言えると思います。

 

 

一方、3DK以上のファミリータイプは、

 

長期に入居する傾向がありますが、

 

入居者が一旦退去すれば、募集しても次の入居者が、

 

決まりにくい傾向があります。

 

 

ワンルームや1Kは入居期間が短いが空室期間も短いのです。

 

 

つまり、入れ替わりが非常に激しいという特徴があります。

 

 

従って入れ替わりの度にリフォームをすることになったり、

 

不動産屋さんに対して広告料がかかったりします。

 

 

かたや、ファミリータイプは、長期入居が望めますが、

 

入居者が退去すれば、次の入居者を決めるのに、

 

非常に手間がかかるという特徴があります。

 

 

長く入居が続いて退去になれば、

 

リフォームが大がかりになり

 

費用が大きく発生する可能性があります。

 

 


床面積が40崛宛紊△辰董部屋の構成が、

 

2Kや2DKなどのマンションは、


入居予定者として想定できる人たちの範囲が、

 

ワンルームマンションに、比べるとかなり広くなります。

 


これらの物件には、もちろん独身者も入居出来ます。


 

新婚カップルや赤ちゃんがいる若夫婦なども、

 

入居者の対象となります。

 

 


単身赴任のおじさんも、当然ここに入ると思います。

 


こうした人たちの入居者の性格は、

 

安定した比較的落ち着いた生活を送る人達が、

 

多いと思います。

 

 

床面積40崛宛紊旅さの物件に、

 

結婚したばかりのニューファミリーが、


入居してくると、時間が経って、

 

やがて家族の数が増える可能性があります。

 

 

そうなった場合はどうするか。

 

しばらくはそのまま入居を続けると思いますが、

 

そのうち、子供たちが大きくなったりすれば、

 

こうした入居者は、もっと大きな物件へ移っていきます。

 

 

 

単身赴任の人にしろ、

 

小さな子供がいるニューファミリーにしろ、

比較的長く住んでもらえる可能性は、少ないですが、

その分入居者の入れ替わりは礼金という、

 

まとまった金額が、大家側に入ることが期待できます。

 

 


礼金に相当する金額は、

 

多いところなら3か月ですが、

 

一般的に1か月の金額になります。

 

 

しかし、最近はこの礼金が、

 

期待できなくなってきていますね。

 

 

これは保証会社の入会が条件にするために、

 

礼金の比重が低くなってきたからです。

 

 

しかし現在も将来的にも、礼金自体はなくなる可能性は、

 

少ないと言えます。

 


 

一昔前なら、この額は、小型のマンションであれば、

1年間の、キャッシュフローにもなったりしました。


 


あくまでも礼金は、慣習と捉えられていますので、

 

多い地域と、それほど望めないところもありますので、

 

地域によっては礼金の金額にも違いはあります。

 

 

これからは広すぎず、狭すぎない2DKのタイプが、

 

比較的大家さんにとって入居者層のリスクが、

 

少ない物件になると思います。

 

 

繰り返しになりますが2DKなどの小型物件は、

 

入居者市場が比較的大きく、ワンルームや1Kに比べて、

 

比較的、入居者の入れ替わりが少ない物件にもなります。

 

 

それでもある一定の期間入居が続けば、

 

退去しやすくなります。


 

その分礼金という、まとまった金額が、

 

大家側に入る好機になります。

 

 

しかし最近は礼金もあまり期待できなくなっていますね。

 

 

礼金や敷金は保証会社の保証を付けることで、

 

担保できるので必要性がなくなってきている証拠だと思います。

 

 

それでも、保証会社の保証を付けることは、

 

安心して貸せるということで、

 

これからは保証会社の比重が高くなりますね。

 

 

 

 

入居者の入れ替わりが多い物件のもう一つのポイントは、

 

 

 

それは条件面ではなくて、賃貸住宅としての、

 

質が伴っていない物件です。

 

 

つまり、物件自体に不備がある物件です。

 

 

こういった物件は入居者はクレームをつけるよりも、

 

黙って引っ越しする傾向にあります。

 

 

 

昨今は、インターネットで検索しますので、


一時的に高い家賃で入居していただいても、


入れ替わりの多い物件になる可能性があります。

 

 

 

そこで、入居者を付けるときのポイントは、


まずは相場を研究して、相場と同じ位か、


多少相場よりも、低めの家賃を設定した方が、


長く住んでもらえる確率が高くなります。

 

 

質を良くして、入居者が内心ちょっとだけ、


得をしたなと思える金額に設定することで、


それが長期入居につながり、長い目で見て、


結果的に大家さんの賃貸期間中に受け取る家賃額の、


最大化ができると私は思うのです。

 

 

 

 






関連記事
アパートを買うなら1Kかファミリー用かどちらがいいか

ファミリー物件は入居期間が長い(シングルは短い)

元付業者1ヶ月、客付け業者に1ヶ月 という募集方法

賃貸物件を、現状のまま貸す

不動産の回転率をあげる

機会損失を防ぐ

入居率(稼働率)について

入居者の入れ替わりが多い物件

短期賃貸物件は 採算が合うのですか

短い期間だけ格安で入居したいのですが?

決まりやすいクラスの家賃と部屋

空き室がなぜ 埋まらないのだろうか?

嫌われる賃貸住宅と 間取り

専任媒介契約と一般媒介契約

 


スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク