サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


事業費と生活費の区別が必要です | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
事業費と生活費の区別が必要です
事業用の資金と生活費の区別が必要ですについて



賃貸経営にかかわらず、事業を行っていると、


事業用の資金と生活費の区別が必要になってきます。



貸借対照表(バランスシート)的には、


事業用で資金が不足した分を 


個人のお金から、建て替えて支払った場合は、事業主借という、


借入金勘定である負債の勘定科目を立てて処理します。




この勘定科目を立てて処理すると、


個人用と 事業用のお金を 


しっかり区別することになります。


 

又、事業主貸勘定は 事業主の私が個人の私に生活費を、


貸した場合の貸付金勘定で資産をいいます。

 


税務署は個人事業主の給与は儲けと捉えるため、


給与を経費として認めないようです。

 


そのため 事業用の預金を 生活費として引き出した時は 


事業主貸勘定で 処理して他の経費と区別します。

 


サラリーマンなどの給与所得者の給与は、当然のことながら、


全て本人が、自由に使ってよいものであり、


それをどう生活費や貯蓄等に振り分けるかも、


個人の選択に任されています。



しかし、アパート・マンション経営では、


収入の全てを生活費とすることはできません。



アパート・マンション経営では、


必要経費として支出されるものや、


将来の修繕や、改築のための貯蓄などにづいては、


事業資金用としてプールする必要があります。



事業を行う上で、事業資金と個人の生活費とを、


区別することは大事です。


事業用の資金と生活費の区別には一定のルールをもって、


決めておけばいいと思います。


 

先ず生活用と事業用の通帳を分けることも一つです。

 

事業用の通帳に家賃収入等を入金し、


事業上の支出も同じ通帳から支払う。


そして事業に関連性があって、現金で受け取った場合は、


全額この通帳に預け入れましょう。

 


事業の自動振替は、アパート管理委託費用や水道光熱費、


固定資産税、借入金の返済は、賃貸業用の通帳から引き落としましょう。




事業が拡大するとさらに運転資金が必要ですから、


運転資金の貯蓄に残す必要がでてきます。


 

生活用の通帳には月1回、生活費の予定額を、


事業用通帳から振り込む。



また、生活用の自動振替や、自宅の水道光熱費は、


生活用の通帳から引き落としにする。


こうすれば基本的に事業用の現金と、


事業主の個人的な生活費としての現金を、


区分けすることができ、資金の流れが分かりやすくなり、


生活費も安定的に確保できます。

 

ここで問題になるのは、生活費としていくらくらいのお金を、


事業の収入から回していいかという点です。



つまり、事業の収入から、


生活費にいくらの資金を回せるか。



これは、収入金額から必要経費を


差し引いた額である所得の約50%ですね。




これは、所得の半分を所得税、住民税や、


社会保険料等とみるからですね。


下限は、自分の生活に実際にかかった額です。


いずれにしても生活費と事業費は、区別することが大事ですね。




普通、専業で賃貸業を行っている場合、


100%事業のお金だと言ってもいいわけですから、


ついつい事業のものと自分のものの区別が、


つかなくなってしまいます。



賃貸業も小さいうちはまだ許されるでしょうが、


規模が大きくなってくると、公私混同すれば、


周りからすると非常にルーズに見えるものです。




この意味からも私は、公私のけじめを大切にするということは、


たいへん大事なことだと思います。








 


スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク