サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


不動産コンサルタントに相談する費用 | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
不動産コンサルタントに相談する費用

不動産コンサルタントに相談する費用についてあれこれ





不動産の契約は大事なので、契約書のコピーを事前にもらって、


読むぐらいの、慎重さも時には必要になります。




不動産購入するのに、売買契約書に書かれている内容が


普段見慣れてないために、


理解できないという事も出てくると思います。


 

契約書を読みなれていなかったり、不動産の専門用語も、


理解できないことで、あとで何かあった時は困りますよね。



しかし、何回読んでも、分からないというときもあるものです。

 

でも、理解できないまま、実印を押すわけにはいきません。


 

契約書に判を捺すことの重みは確かにあります。

 

そういう時は無理をせずに、料金を払って、


プロに人の手を借りるという事もいいかもしれません。



不動産を間違って買ったら、何千万の損にもなります。





日用品や、家電商品は必死で機能や価格を比較するのに、

 

何故か不動産になると、あまり調べもせずに、


購入される人がいるように思います。




ネットで、聞いたり、調べたことを、お金を払って、


専門家に確かめる位の慎重さも時には必要かもしれません。



お金をもらっているわけですから、


向こうも適当なことは言いません。



さらにプロのコンサルタントや弁護士、税理士の意見にも、


耳を傾けるといいかもしれません。




不動産のコンサルタント会社も、


不動産の取引をもちろんやっています。


 

不動産取引には宅地建物取引業法というものがあり、


売買する時は、売買価格の3%プラス6万円しか、


受け取ってはいけないことになっています。





それ以外のことは、不動産のコンサルタント会社の相談は、


30分又は1時間、5000円〜1時間半2万円とか、


いろいろありますが、あまり特殊性のない相談や、


これから不動産投資を始めたいという人には、


サービスとして、日を限定して無料の個別相談を、


している不動産コンサルタント会社もあります。




そういうところも活用することもいいか持しれません。


 

不動産のコンサルタント会社の場合、


相続対策などは、全部の資料を取り寄せて、


プランを作成するのに30万円以上かかったりしますと、


その中で、売買するとか、建物を建てるとかなると、


その中から先に支払った手数料を、


差し引いてくれたりします。


 

その他セミナーもやったりしますが、


それ程高い金額ではないと思います。




一時的に費用はもったいないと思いますが、


不動産は高い買い物です。


間違って購入すると何百万、何千万の損失になります。



後のことを考えると、


それぐらいはやってもいいと思います。










関連記事
不動産コンサルタントに相談する費用

大家さんの自己投資、勉強会、セミナー、メンターについて

成功するために必要なことのひとつに、すでに成功した人の真似をする





スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク