サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


追い詰められると不可能と思われることも可能になる | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
追い詰められると不可能と思われることも可能になる

追い詰められると不可能と思われることも可能になる

 

 

 


空室問題は、一昔前なら苦労をしなくても、

 

入居者は決まっていたのですが、

 

最近はそうもいかなくなってきています。

 

 

 


大家さんの方も空室を埋めるための対策に、


以前にも増して求められるようになっています。

 

 

 

空室がなぜ 以前のように 埋まらないのだろうか。

 

 

不動産屋さんは 案内はしているのですが、

 

決まりませんと言います。

 

 

 

ある人は、相続対策として、

 

新築アパートを建てようと思っていますと言う。

 

 


昔のままでは、退去の時に敷金は以前なら、

 

原状回復費用に当ててもよかったのです。

 

 


また、入居者は、賃貸借契約の終了により、

 


建物を入居時の状態に戻して、返還する義務、

 


即ち 原状回復義務があります。

 

 


しかし、最近は建物の自然的損耗や、

 


経年劣化による補修リフォームなどの費用は、

 


大家さんが負うことが当然になっています。

 

 

 


一昔前までは狭くて、仕様も設備も貧弱という物件でも、

 

見劣りしなかったのですが、

 

最近は鉄筋コンクリート造りのマンションで広さもあり、


仕様も分譲マンションに似た優良な賃貸物件が、


全国的に大量に供給されています。

 

 


賃貸市場では、お客様獲得競争のし烈さが増しており、


したがって、現代はすぐにマイホームを持たなくても、

 

当分は、賃貸物件で暮らすという選択肢も、

 

考えられる時代になっています。

 

 

 

それだけ賃貸物件の質が良くなってきているのも確かですね。

 

 


一方、不動産会社では、満室保証とか、

 

家賃保証を打ち出しているところもありますが


例えば、家賃保証は、一般的にサブリースともいって、

 

一括借り上げ制度即ち、空室でも家賃が支払われる制度です。

 

 

その物件を業者がすべて借り上げて、

 

空室の有無にかかわらず、

 

大家さんは 家賃が確実に入ってきますので、

 

安心であり非常に心強いです。

 

 

空室が生じてその部屋の、

 

家賃収入がなくなることを空室リスクといいますが、

 

そのリスクがゼロになるということです。

 


しかしこのような制度が可能になるのは、

 


空室リスクに見合った費用が購入費用に、

 


上乗せされていることが多いのです。

 

 


つまり、空室リスクに見合った費用は、

 


すでに購入時に支払済みであるのです。

 

 


ところで、大家さんの方もこのような制度を利用することで、


銀行借入がたやすくなる利点があると思う。

 


一括借り上げの契約期間は、10年単位のものが多く、

 

長いものだと30年のものもあります。

 

 

 

注意する点として、他人に譲渡した場合には、

 

引き継げないので購入価格より


かなり安い価格でなければ、

 

売れない物件になってしまうので


気を付けてほしいですね。

 

 

しかし、家賃保証で追い詰められた大家さんが、

 

売りに出しているケースがあるのです。

 


しかし、どんな場合でも賃貸経営をしていると、

 

リスクはあります。

 

 

賃貸経営では外部要因で追い詰められる時と、

 

自分から進んで追い詰める時があります。

 

 

 

どちらが良いか、もちろん自分から進んで、

 

追い詰めるようにすべきです。

 

 

 

いずれにしろ、追い詰められるということは、

 

熱中するということです。

 

 


他のすべてが見えなくなってしまって、


ただ一つのことに没頭する、


つまり精神、意識が集中している状態です。

 

 

 

 

すばらしいアイデア、ひらめきは、


追い込まれて、ぎりぎりにのところで、


奮闘しているときにしか出てこないものです。

 

 

 

余裕の中で生まれるアイデアは単なる思いつきにすぎず、


思いつき程度では、これといった成果も残せませんし、


問題解決の糸口さえも得られないと私は思っています。

 

 

追い込まれ、もがき苦しんでいる中で、


何としてもという切迫感があると、


ふだん見過ごしていた現象にも気づき、


解決の糸口が見つかる場合があります。

 


人はえてして、自分に甘くなって、


易きに流されてしまいがちですが、


つねにこれ以上後にひけないという精神状態に、

 

自ら追い込んで、切羽詰まった状況の中で、一途になって、


真摯な態度でものごとにぶつかっていくことで、


うまくことが運ぶことが私の場合でもありました。

 

 


窮地になって初めて、


ふだん、考えられないような力を発揮し、


自分でも驚くような成果を生み出すことが、

 

可能になる場合があると私は思います。

 


好調である時にこそ、気を引き締めていくことです。

 

 

しかし、このことは、余裕のある時に、


追い詰められた状態で全力でことに当たるということにも、


通じるところがあります。

 

 

どこの銀行を回っても融資が受けられずに、


足を棒にして銀行を駆けずり回っているとき、


あるいは、空室が埋まらない状態においては、


特に心にとどめなければならないと思います。

 


自分は必死に精いっぱい打ち込んでいる、


精いっぱい追い込んで、もうこれ以上は、


やれない、ここまでやってだめならしょうがない、


というところまで行くと、


あとは天命を待とうという心境にたどり着くもので、


実は、この精一杯が安心を生むのです。

 

 

 


もし中途半端にやっていれば、あのときに、


もうちょっとやっておけばよかったという、


悔いを残すことになってしまいます。

 

 

 

これは非常に大切なことで、

 

 

後で後悔するなら余裕のある時に、

 

 

安心立命の境地に至るまで、

 

 

全力でやっておけばよいことです。

 

 

 

 

 

中途半端にやっているものだから、


例えば、金策のめどがたたないという悩みや、

 

気苦労が増え、後悔をする羽目になって、


心労から健康を害したり、最悪命まで失うことになります。

 


問題を解決していくにあたり、


厳しい現実があらわれることがありますが、

 

しかしそこから逃避するのではなく、


そんな時は、切迫した思いで、


前もって、困難の中に自らを追い込んで、


真正面からぶつかっていくことですね。

 

 


そんなとき、ひらめきが生まれ、


問題も解決する場合があります。

 

 


私たちは、ひらめきを軽く考えていますが、


実はそのひらめきを大事にすることが、


不動産投資にもすばらしい結果をもたらしていきますし、


人生を実り豊かなものにしてくれることにつながります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


関連記事
サラリーマン大家さん(一括借上と管理)について

サラリーマン大家さんの一括借り上げ家賃保証トラブル

 

 

 

 

 

 


スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク