サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


不動産購入、現地調査では何をする | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
不動産購入、現地調査では何をする

不動産購入、現地調査では何をするについて詳しく。





物件購入をきめるときは、必ず現地調査をする必要があります。




この物件を買ってもよいかどうか、


慣れると一瞬見るだけで、判断付くはずです。



始めは、周りや外観だけをみて帰ってくるだけでもいいですが、


その後、個別点をピックアップして、納得できるまで、



何回も調査する必要があります。




現地調査をするのは、


競売物件などの訳あり物件だけではありません。



どんな不動産でも同じです。




その現地調査の目的は、大きく分けると2つあります。


 

一つは建物を実際に見て、建物の状態を調査観察することです。

 

もうひとつは賃貸市場の調査です。



現地調査で確認するポイントは、主に次の4点です。

 

入居者の状態、


修繕の必要性


物件の管理状態


周辺の環境



これらの項目で1つでも極端に劣っている物件は、


徹底的に調べる必要があります。



劣っている点を補うことができて、


完成形が一瞬でも脳裏に浮かべば問題なしです。

 



わざわざ現地調査をする意味は、


この先も入居者を、確保できるかどうかを確認するためです。



現場は物件の生の情報や問題解決のヒントが得られます。


 

修繕の必要があるのならその個所、


物件の管理状態がNGだったなら、


現行の管理会社を変えられるかどうか。



そして入居者の様子を見たり、


周辺環境が生活に適しているかを見ます。


 

現地調査でチェックすべき項目は、


レントロールと比べて、入居率に偽装がないかです。



自分で現地に行くことで、データがでたらめかどうか、


わかるはずです。




空室だとガスの元栓が、閉められているので、


住んでいるかどうかは、すぐ分かるはずです。




作業員を装って水道の元栓を確認する方法もあります。




空室なら、水道の元栓がしまっています。




外壁の塗装状態。ゴミや掲示板の管理状態。




賃貸仲介業者への家賃相場の聞き合わせ、


近隣の同じような物件の入居率のチェックです。



環境調査は、スーパーマーケットなどの生活施設が、


近くにあるかどうか、



物件の管理状態が良くても、


物件の立地が危険地域ではないかです。



現地を見なければわからないことがたくさんあります。




ほとんどの方にとって、


不動産は人生で一番高額の買い物になりますので、


現地調査は、念入りにする必要があります。








現地確認(現地調査)の重要性(必要性)




スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク