サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


仲介手数料ゼロの落とし穴 | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
仲介手数料ゼロの落とし穴
仲介手数料ゼロの落とし穴についていろいろ



不動産投資で失敗するケースの多くは、


物事を損得で考えてしまうことです。



補助金、助成金、販売手数料ゼロ、保険料ゼロ等、


何か得するものになびく人は、


大体うまくいかないものです。




得すると思って買ってしまって、


後から失敗だったというケースが多い。




失敗する典型例として、


仲介手数料ゼロという広告に惹かれて、


物件を買ってしまった場合です。



失敗する人の見解は、


無料というのは儲かったと思ってしまうことです。



本当は裏に、何かあるからと、


思わなければなりません。




無料なのは物件の売主が業者だからです。




仲介の場合は、物件を一件取引したところで、


仲介手数料は、物件価格の3%プラス6万円です。




しかし、仲介業者にとっては、


利益を上げる必要がありますので、


仲介手数料を無料にしたら、


ビジネスになりません。





しかし、不動産屋さんが売主だとしたら、


物件を他から仕入れ、不動産取得税や諸経費、


それに利益を載せて売り出していますので、


わずかな仲介手数料など、取らなくても、


利益が出るように、価格設定ができてしまうわけです。



500万円の中古物件を売主から依頼を受けて、


自社で買主を見つけても、仲介手数料は、


15万円+6万円=21万円×2


=42万円にしかなりません。



ところが、


500万円で仕入れて、少しきれいにして、


800万円とか、1000万円にして、


売値を決め、先着順で買えますよ、


仲介手数料は無料になりますので、


おトクですよと、うたえば売れてしまうのです。




これなら仲介手数料なんて、必要ありません。



不動産投資の基本は、業者からは買わないことです。




売主はより高く売りたいし、買主は少しでも、


安く買いたいものなので利益相反します。


 

そこで、売り手と買い手の間に、立ってうまく調整をしながら、


仲介業者が、仲介手数料をとってビジネスをしますので、


需給バランスが取れて、売買が成功するものです。




うまい話は、どこかに売り手の利益、


買い手の損失という、落とし穴が隠されていますね。










関連記事
仲介手数料不要(ゼロ)物件を狙う (仲介手数料不要物件のメリット)

管理料ゼロの落とし穴

仲介手数料ゼロの落とし穴

購入者として不動産投資に失敗するタイプ





スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク