サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


管理料ゼロの落とし穴 | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
管理料ゼロの落とし穴

管理料ゼロの落とし穴についていろいろ

 

 


建築会社で無料管理を、うたっているいるところがあります。

 

 

でも、管理料がなくて、運用できるはずがないから、

 

管理料無料という言葉は、この場合、

 

別の意味を持っていると思われます。

 

 

その分建築費に利益がのっているか、

 

建築費に管理費が含まれていると、


考えるのが自然です。

 

 


又、ハウスメーカーのサブリースや、

 

建築会社のマスターリースで、


30年一括借り上げます。というのもあります。

 

 

しかし、30年間なんて、ありえません。

 

 

マスターリースとは、転貸することを条件に、

オーナーから不動産を賃借することをいいます。


 
そして、オーナーに賃料を保証するかたわら、

それより高い家賃で別の人に貸すことを、

サブリースと呼ばれます。

 

 


一方、マスターリース契約は賃貸借契約で、

サブリース契約は転貸借契約と呼ばれることもあります。

 

この場合、賃貸物件を一括して借り受け、

それを転貸借するような場合、

一括借り受けをマスターリースと呼ばれ、

転貸借することをサブリースと呼ばれます。

 

 

 

さて、30年一括借り上げという言葉の意味は、

 

賃料に落とし穴が隠れていると考えるのが正論だと思います。

 

 

これも実は契約書に、賃料の見直しが、

 

3年に1回などと書いてあります。

 

 

当初95万円で借りてもらったけど、

 

3年後に運営の下方修正で、


すみませんが70万円にしてくださいと言われても、

 

不服があっても、契約書に書いてあるから文句を言えません。

 


納得できないのなら、契約を解除してもらってもかまいませんと、


言われれば何も言えなく、そのまま契約を続けるか、


あきらめて、解除に応じるしかありません。

 


得すると考えて選んだうまい話には、

 

どこか落とし穴が隠されているものです。

 

 

建物の所有者と、その建物の運営者が違う物件の利点は、



大家さん側は直接入居者と関わる必要が無い為、

 

金銭面のメリットはなくても、


わずらわしい手間を、一切を省く事が出来、

 

ご自身の時間を有意義に使うことが出来るというところに、


価値を見て、利用する大家さんも確かにあります。

 


 

 

 

 




関連記事
なぜ、土地の有効活用は難しいのか

一棟物件は管理にリスクがある

 

アパート建設、分離発注にチャレンジする  

ハウスメーカーのアパート建設の落とし穴

管理料ゼロの落とし穴

仲介手数料ゼロの落とし穴

一括借り上げ家賃保証トラブル

不動産会社との一括借上げ契約には 消費税は掛かるのですか?

家賃一括借り上げ保証料引き下げ、レオパレス

一括借上と管理について


スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://yutaka-1115.jugem.jp/trackback/664
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク