サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


サラリーマン 不動産投資 | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
サラリーマン 不動産投資

サラリーマン 不動産投資について詳しく




サラリーマンが不動産投資の実践として


先ず自宅を購入する時に、投資的な感覚で、


自宅を、買うことを試す必要があります。



この考え方が、不動産投資の基本です。



はっきりいって、不動産投資は失敗している人も多いものです。



バブルのころ住宅を買って、価格が大幅に下がってしまって、


ローンを払い続けているという人もいまだにいます。


 

自宅は、見栄を張る必要はありません。



しかし見栄を、張る人もたくさんいます。


 

不動産投資の場合はあくまでも採算や、


利回りを求めなければなりません。



 

自宅は、そのまま所有することもありますし、


将来人に貸すこともできます。


 

場合によっては、売却することもあります。



 

だから購入する時は、貸すこと、売ることを、


想定しておかなくてはならないわけです。




住宅を買うという事は、資産を持つという事です。



だから資産的価値があるかどうかを考えて、


不動産を、購入する必要があるというわけです。




新築を買っても、買った翌日は中古になります。



中古になれば、当然不動産の価格は下がります。



そうすると中古市場で、


どれくらいで売買されるかということを、


常に考えておく必要があります。




家賃から諸経費を引いた金額を不動産投資の場合、


実質利回りと呼びますが、これは自宅購入の際も、



同じ考え方を取り入れます。




この考え方が最終的に不動産投資に通じる考え方になります。



つまり自宅は、払える家賃の枠内でというのが前提です。


 

住宅ローンはサラリーマンの年収の、


3分の1に収まる金額のローンしか組めません。




このやり方で住宅ローンが、ネット収入の3分の1位に、


収まるようにすると、残りの3分の2は、


キャッシュフローとして残るお金であり、


生活費と預貯金に回すことができます。

 

 

もし自分が住まなくなって人に貸したら、


収入が得られます。



自分で借りて家賃を払うとすればいくら払う必要があるかと、


考えるのは不動産投資の考え方になります。




そうすると、自分が住むところは、


自分の身の丈に合ったところで、


抑えるべきであるという考えに落ち着きます。




そうすると、自分が払える家賃分から諸経費を引いた金額に、



住宅ローンが収まるような、金額の物件でないと、


購入してはいけないと、考えることが妥当になってきます。


 

これは、不動産投資の基本的な考え方になります。



投資的な感覚で住宅を買うという考え方は、


残念ながら、不動産業者には持ち合わせていません。



だから、高く買わされる可能性があるのです。




しかし不動産投資に参入するサラリーマンとしては、


この考え方をしなければ失敗してしまいます。










 


スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク