サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


自分(達)の住む家をどう選ぶ | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
自分(達)の住む家をどう選ぶ

自分の住む家をどう選ぶかについてあれこれ

 

 


先ず最初に家を買う時に、貸せる家という観点で家を、

 

買うことが得策です。

 

 

自分でも住めるし、貸すこともできる家を選ぶことです。

 


貸せる家ということで家を選ぶことが基本ですが、

 

年を経ることによって生活スタイルが変わってきます。

 


今の家で満足できなくなったとき、

 

家を必要としている他の人に貸して大家さんになって、

 

自分たちは別のところに移るヤドカリ投資を


考えてもいいのではないでしょうか。

 


 

自分たちは別のところに移るとしても、

 

移り先は賃貸か購入かどちらでも構わないと思います。

 


 

今の生活スタイルに合った家に移る方が、

 

住みやすくなると思います。

 


家は住めば負債ですし貸せば資産です。

 

 

マイホームを持つことによる負債は


満足感に対する対価になるので、満足できなくなって、

 

負債に見合う使い方ができなくなれば、 


貸して大家さんになりましょう。

 


貸せば資産になりますから助かると思います。 

 

 

家選びで大切なことは、

 

家族が楽しく有意義な人生を送れるかどうかと


いうことですので、マイホームを持つことによって、

 

家に縛られてしまっては、生活に余裕がなくなってきます。

 

 

 

生活と家族の変化に無理に合わせて住み続けるという、


永住型の発想には無理が出るかもしれません。

 

 

子供の成長と共にマンションには、

 

広さの面で満足は得られなくなってきます。

 


又 一戸建ては階段があることが、

 

最大の欠点になってきます。

 


結婚して子供が小学校に入るまでの期間は、

 

マンション住まいが便利で優位ですね。

 

 

子供が小学生から独立するまでは、

 

一戸建てが住みやすくなってきます。

 

子供達が独立して夫婦二人の生活になれば、

 

今度はマンションが生活しやすくなります。

 


生活スタイルの変化によって、

 

住み変えていくのも一つの方法だと思います。

 


そのたびに今まで住んでいた家は貸して、

 

大家さんになるといいと思います。

 


そのためにも自分でも住めるし、

 

貸してもどちらでもいけるという、

貸せる家という観点で家を選ぶことが大切だと思います。

 

 


自宅を先に購入するとその後の収益物件購入に、

 

影響が出るのではと心配される方もおられますが、


ほとんどのケースは問題はありません。

 

 

影響が出るパターンは、支払い構成比が高い場合です。

 

 

所得が給与所得だけで、住宅を購入した場合、

 

住宅ローン、カードローン、マイカーローン等の場合は、

 

個人信用情報に掲載されます。

 

 


その支払いが年間所得の30%を超えてしまいますと、

 

収益物件の融資が降りにくくなります。

 

 

これは、家族数によっても差がありますが、

 

一般的に生活費、光熱費、交際費など、

 

普通に生活していてかかる費用を、


所得の70%程度と銀行がみるからです。

 

 


収益物件を購入する際にも大きく影響がある部分ですし、


改善を行う必要があるとすれば、

 

この部分であり、この支払い構成比は、


不動産賃貸業を行う前にはかなり重要であります。

 

 

改善の方法としては、総合的に借り換えをし、

 

支払い構成比を下げ、


融資を受け直す事でも大きく改善されます。

 

 

その際支払い構成比をできる限り下げて、

 

10〜20%台にしておきましょう。

 

 

そもそもなぜ支払い構成比が重要かと申しますと、

 

融資を受ける申し込み人の金銭感覚、

 

流動性資金の扱い方等を見るからです。

 


構成比が高いと、破産する可能性が高くなるらしいです。

 

 

近年破産する人はこのケースが多く、


典型的なパターンは、突発的な出費などが発生して、

 

ローン支払いに多くを回しているため手元資金に余裕がなくなり、


安易にカードローンやキャッシングに手を出してしまって、


多重債務に陥るパターンです。

 

 

そして、支払不能、債務不履行になって自己破産といった具合です。

 

 

安易に支払いを多くするとこのようなことが、

 

起こってしまいかねません。

 


少しでもキャッシュは残し、

 

預金に余裕のある生活を送る重要性を


私も感じています。

 

 

そして次は、不動産賃貸業を行いながら、


自宅を購入する方法です。

 


基本的に自宅に関しては金融機関は多めに見てくれます。

 


自宅は安易に売却等できないという事があげられます
 


基本的に住宅ローンは保証会社付きであり、


保証会社付きアパートローンみたいなものになります。

 


よって、個人信用情報に掲載されるわけです。

 


自宅を購入する事には問題ないが、


個人信用情報に貸し出し実績が掲載されるため、


収益物件購入の際、金融機関次第では、

 

すぐには融資できないという事があるため要注意です。

 

 


住宅ローンは個人信用情報に掲載され、

 

すぐ違う融資を受けるとなれば、プロパーであっても、

 

個人信用情報を参照されれば露見してしまいます。

 

 

ここで一つそれを回避する方法もあります。

 


それが保証会社を使わないプロパー住宅ローンです。

 

 

個人信用情報に掲載されないプロパー住宅ローンは、


続けて物件の購入において絶大な効果をもたらします。

 


以外と知られていませんが地銀、

 

信金などでも取り扱いがありますし、


広く行われています。

 


物件を買い増し中に自宅を購入したいと思われている方は、

 

保証会社が付かないプロパー住宅ローンを使って融資を受け、

 

その後金利で優位な銀行、もしくは収益物件と合わせて、

 

借り換えしてもよいでしょう。
 

 

 


スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク