サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


アパート建設 分離発注に挑戦 | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
アパート建設 分離発注に挑戦

少ない予算で長期経営できるアパートを建てるには

なぜ、土地の有効活用は難しいのか
分離発注の弊害、問題点、分離発注は、大家さんが現場監督する必要がある
家賃一括借り上げ保証料引き下げ、レオパレス
土地のない人が、アパートを建てて儲けるには
アパート経営の失敗
アパート建設 分離発注にチャレンジする
管理料ゼロの落とし穴

アパート建設費用はいくら(新築アパートの相場価格)

アパート建築費はいくらかかる(1棟4室の長屋形式アパートの場合)
新築アパート経営は失敗になる可能性がある

アパート経営のコスト計算
ハウスメーカーのアパート建設の落とし穴


土地有効活用について 大家 アパート建設 分離発注にチャレンジあれこれ

 

 

 

 



アパートの建設では業者の仕事のやり方や慣習があって、


なかなか大家側の要望を、聞いてくれない場合があります。


 


これは大家の方は、建築請負契約をする場合は、

 

営業マンと契約しますので、


工事の要望を営業マンに伝えても、

 

そこからは、現場監督から、

下請け、孫請けと多数の業者が入っており、


実際に工事を担当している職人さんの耳に、

正しい情報が届く事は、難しい状態になります。


 

これでは入居者が満足する安くてよい物件を、

 

作ることはできません。


 

大家さんも入居者も、満足する安くてよい物件を作るためには、

分離発注になります。

 


分離発注なら個別業者ごとに、大家側が発注をかけますので、
 

大家の要望通りに、工事が行われます。

 



分離発注をすれば、様々な業者の数が増えてきます。

 


木造アパートを建てる場合、大工工事、駐車場などの外回り、

 

設計、土木、水道、電気、ガスと、多くの工事が必要になります。


 


この全ての工事を、ハウスメーカーが指定する業者に、

任せるのが、通常のやり方です。

 

 

このうちのいくらかの工事を、

 

大家側で手配するやり方を取れないかと考えるわけです。



 


分離発注のメリットはアパート工事に、

 

大家側の意見を取り入れやすいことがあります。



 


そして、経費削減にもなります。



ハウスメーカー側の、工事業者の工事費は割高です。

 



しかし大家さんが、個別の業者に直接発注を行うので、

ハウスメーカー側の、中間マージンを省くことができるので、
 

少なくとも2割近くは工事費が削減できます。


 

初めは、主要な部分だけを、

 

ハウスメーカー側の工事業者に任せ、

その他の部分は、どんどん分離発注を増やしていけば、


自ずと工事費の削減になり、

 

その分入居者への還元にもつながると思います。


 


もちろん、ハウスメーカー側がやってくれていた業者管理を、

大家が担当するということは、大変な苦労でもあります。


 


しかし、思い切って実行して続けていけば、

 

徐々に工事は進んでいくはずです。

 


分離発注をどんどん増やしていけば、最終的には、


全ての工事の発注、管理を大家側で行えるようになるのです



こうすれば経費削減になり、利益が上がるものです。

 

 

 

 

人はえてして変化を好まず安易を求めます。

 

 

しかし新しいことや困難なことにチャレンジせず、


安易な道を選ぶことは退歩が始まるもとです。

 

 

チャレンジとは、高い目標を設定し、


現状を否定しながら常に新しいものを、

 

つくり出していくことだと思います。

 


チャレンジというと勇ましく聞こえますが、


やはり裏付けが必要だと思います。

 

 

また困難に立ち向かう勇気とどんな苦労もいとわない忍耐、


努力が必要だと思います。

 


自分たちにはとてもできないと言われた、


難しいものをつくるというチャレンジの連続が、


若々しく魅力ある人になったり組織になったりします。

 


しかし、勇気に欠ける

 

人、忍耐力に乏しい人、努力を怠る人、


そういう人にはチャレンジという言葉はふさわしくありません。

 

 

そこでは常に、前提と裏付けが必要だったりします。

 

 

なぜなら、軽々しく挑戦すれば、


とんでもない大失敗を招いてしまいかねませんから、


どんな障壁にぶち当たろうとも、


それを乗り越えていく努力を続けていくタイプの大家さんでなければ、


チャレンジはできないだろうと思います。

 

 

 

そのためには、勇気を持っていなければなりませんし、


人一倍の忍耐力も要ると思います。

 

 

それから、誰よりも努力家でなければならないということを、


肝に銘じる必要があります。

 

 

そういう意味では、分離発注はチャレンジそのものです。

 

 

チャレンジとは戦いみたいですが、


もう一つ泥臭いものと表現することができます

 


野性的で泥臭いところがある人は挑戦します。

 

 

そういう意味では、


頭のいい教養のある人は、


あまり挑戦をしないのかもしれません。

 

 

世界の歴史を見ても、いわゆる泥臭い野蛮人が、

 

高度な文化を持った文明人を打ち負かした例があります。

 

 

文明人と泥臭い人が対立した場合、

 

知的レベルから言えば、


知識も知恵も豊富な文明人が勝つのは、


当たり前だと考えられますが、


実はそうではない例が多かったです。

 

 

より強い闘争心とチャレンジ精神を持っているがために、


泥臭い野蛮人が勝つことが多いわけです。

 


つまり新しいことを成し遂げるには、


何があってもこれをやり遂げるのだという野蛮人に似た貪欲さ、


闘争心がなくては、チャレンジしても、

 

うまく行かないだろうと私は思います。

 


スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://yutaka-1115.jugem.jp/trackback/681
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク