サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


住宅ローンは不動産投資に、不利か有利か | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
住宅ローンは不動産投資に、不利か有利か
住宅ローンは不動産投資に有利か



住宅ローンは不動産投資に有利になるか不利か



住宅ローンは、アパートローンを受ける際に、


有利に働くか、不利になるのでしょうか。



そもそもアパートローンというのは、


資産家向けの融資のためにできたローンです。

 

自己所有の土地の有効活用や、節税のための新築や、


相続税対策、資産継承のために、


利用されるというのが、アパートローン元来の趣旨です。


 

しかしそれ以外の目的に、利用してはならないという規定はなく、


地銀や信金の中には、いわゆるサラリーマン大家さんへの融資も、


積極的に、行っているところもあります。




ただその場合でも、資産を持っている人に、


融資したいというのが、銀行の本音だといえます。



金融機関は、アパートローンを申し込んできた、


サラリーマン大家さんの住まいを一応確認します。




その際、自宅が自己所有であれば、


金融機関の評価は高くなります。



たとえ住宅ローンの返済がたくさんある人であっても、


ある程度頭金を入れて買っていれば、


あるいは返済がきちっとして、


ある程度返済が進んでいれば、


債務超過にはならないものです。


 

たとえ資産と、負債のバランスがトントンであっても、


資産も負債もなくて、トントンである人よりも、


自宅という資産を持ち、頭金を入れている人や、


返済を進めている人の方が、金融機関にとっては評価が上です。




資産も負債もなくて、トントンである人よりも、


資産も負債もある人の方の味方になります。




まして住宅ローンの残債が少ない方ならなおさらです。




これは、親から引き継いで、


自宅を持っている人の場合でも言えることです。



金融機関にとって、親の資産も入れて一族全体として、


評価の対象にするわけです。


 

そういう意味で、自宅も実家もないという人は、


審査に不利なようです。





しいて言えば、自宅を保有されている場合には、


自宅の時価と、ローン残債の関係には、


常に注意を払っておく必要はあります。



確かに住宅ローンは、自身の銀行口座から、


お金を引き出していきます。



何故、銀行は住宅ローンを払っていても、


自宅を持っている人に対してだと、


不動産投資の融資をしやすくなるのかといえば、


先ず第一に、不動産は、その名の通り不動であります。




いくら現預金を持っていても、使えば減っていきます。




これに対して不動産、なかでも土地は、使っても減りません。



いくら利用しても長期的に、価値が保てるわけです。



逆に、使えば使うほど、価値が上がる場合もあります。


 

その次に、自宅を持っている人に対してだと、


不動産投資の融資がしやすい理由は、

銀行は本人の社会的地位を評価します。




自宅のある人は、家族主義です。





たとえ賃貸経営が、うまくいかなくなっても、


自宅のある人は、簡単には、


行方不明にならないだろうと推察されます。




これは消費者金融会社で、キャッシングなどの借入の際に、


自宅を持っている人が、評価されるのと同じ考え方です。


 

借り手が経営破綻した際、銀行は、債務者に担保物件を、


任意に売却することを勧めます。



自宅を持っている人なら自宅に行けば、普通は連絡はとれます。




最悪自宅から逃げてしまった場合でも、担保物件に抑えて、


自宅を競売にかければ、資金の回収ができます。





一方自宅がない人は、行方不明の可能性が高くなります。



本人が行方不明になって、連絡が取れなくなると、


資金回収することが不可能になります。





金融業というのは、リスク対策を重要視します。



何か起きた時に、投資家の給料や事業所得などは、


継続的に保証されたものではなく、


金融資産であっても流動的なもので、


保証されたものではありません。





こういう点で、金融業である銀行が、


担保物件とは別に自宅を持っている顧客に、


融資を出したいのもうなずけるはずです。









関連記事
住宅ローン 特集

住宅ローン返済困難になったとき、競売にするか任意売却にするか

住宅ローン、中小企業金融円滑化法、貸し付け条件の変更

サラリーマン大家さんと、専業大家さんの銀行融資





スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク