サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


賃貸仲介会社と管理会社 | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
賃貸仲介会社と管理会社

賃貸仲介会社と管理会社あれこれ

 

 

 

 

 

 

管理会社選びと、賃貸仲介会社についてですが、

 
もし、不動産会社に管理を委託すると、


入居者募集は、その業者の専任媒介となり、


大家は他の不動産業者に、


仲介を依頼することができません。


 

その業者に客付け力があり、


空室が埋まればよいのですが、


客付け力がない業者なら、空室が埋まらないので、


大家としては困ってしまいます。

 


なので、空室対策として、管理だけ任せて、


客付けは一般媒介として別の業者にも、


依頼をすることを、検討する必要が出てきます。

 


しかしここで、問題がないわけでもありません。


 

もし別の仲介会社で入居者が決まった場合は、


管理会社には毎月の管理費は入りますが、


仲介に伴う報酬が入ってこなくなるわけです。

 


管理はするが、募集は専任媒介ではなく、


一般媒介でも良いという不動産会社なら、


いいのですが、つまり、入居率を上げて、


毎月の管理料を多くもらうという、


営業方針の会社なら、問題はありませんが、


一応、管理会社に募集は専任媒介でなく、


一般媒介でよいかを、確認をとる必要があります。

 

 

 

つまり、その業者の許可を得たうえで、


直接、他の業者に連絡をとり、


客付けを依頼するというやり方が望ましいのです。

 


というのは、もし入居者が仲介会社経由で決まった場合、


新たに決まった入居者の管理を、


依頼することになるからです。

 


よそで決まった入居者の管理を、


してもらえるかどうかの問題があるからです。

 

 

それというのも、よそで決まった入居者については、

 

直接入居者と接したわけではないので、

 

よくわからないことが多いからです。

 


この場合、客付け会社に対しては一言、


不動産管理だけを、


○○管理会社に依頼している大家ですが、


客付けをお願いしたいという立場を明確にしてから、


客付け業者に連絡を取れば、問題は起こりませんし、


誤解も生じません。


 


大家から直接連絡をもらうことで、


ふだん大家と接触のない客付け業社にも、

 
仕事が回ってくるというインパクトがありますので、

 

管理の契約はなくても、


熱心に客付けをしてくれるところは多いはずです。

 


逆に、入居者が付いたとしても、管理会社には、


毎月の管理料以外の収入が、入ってこないとなれば、


それを引き受けてくれる管理会社は、


少ないかもしれません。

 

 

場合によっては、新規入居者受け入れ時の管理料として、


毎月の管理料とは別に、賃料の半月分とか一か月分とかを払えば、


引き受けてくれる可能性はあると思いますが。

 


又、それなら管理会社もを、


協力してくれる可能性があります。


 

もっとも、専任契約を結んでいる管理会社がありながら、


一般仲介にして、大家がわざわざ別の業者に、


客付けを依頼するのは気が引けると言うなら、


仕方がありませんが、


管理会社の、事前承諾を得られるのなら、


この方法が、早く入居者が見つかる可能性が、


高くなります。

 

 

 

まぁ、自社で集客する力がないくせに、


それを拒む管理会社は、言語道断ですが、


そういう管理会社とは、取引をしない方がよいのですが、


しかし、そういう管理会社ばかりではないと思います。

 

 

 

 

 





関連記事
賃貸仲介専門業者は今後縮小する

空室が続けば返済保証システムを利用する

自主管理物件は管理もやっている仲介会社に依頼すればいつまでも入居者が決まらない

元付業者1ヶ月、客付け業者に1ヶ月 という募集方法

入居者の質

管理会社は、引き継がない方が良い

賃貸中の物件を買う

 

空室対策の決め手

 

賃貸仲介会社と管理会社

不動産屋さんは買主、売主のどちらの見方か

入居者募集の失敗

不動産屋とどのように付き合えばよいのだろうか

 

プロパン会社との提携で経費削減(大家さんと利益相反しない関係)

中古物件の不動産屋さんの案内の仕方

空室がなぜ埋まらないんだろう

入居者の募集と不動産屋選び

最近の不動産賃貸、店内状況
 


スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://yutaka-1115.jugem.jp/trackback/720
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク