サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


リフォームの費用対効果 | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
リフォームの費用対効果

リフォームの費用対効果あれこれ

 

 

 

 

リフォームは物件を購入したり、入居者が退去時に一新することで、


室内は見違えるほど、きれいな空間に生まれ変わります。

 


誰もが、きれいで住みやすい環境を求めますので、


リフォームすれば、入居者も決まりやすいです。

 


しかし、最新の設備に切り替えたりして、

 

費用をたくさん掛けると、


入居者が決まっても、採算が合わなくなります。

 

元を取るために、家賃を上げざるを得なくなります。

 

リフォームは管理会社が引き受けて、業者に依頼したり、


あるいは大家さん自身で業者に、依頼しますが、


自分でやれる所は、自分で行う方がいいと考えます。

 

自前でリフォームする方が、費用を安く抑えられ、

 

物件の構造もよくわかりるからです。

 


リフォームで重要なのは、費用対効果になってきます。

 


少ない予算で、入居者の満足度を上げることが理想です。

 

 

リフォームを安く行えば、家賃を安く抑えることができ、

 


新たな入居者を呼び込む競争力が高くなる可能性があります。

 

 

しかし、自前リフォームといっても限界があります。

 

 

この場合、水回りや電気関係の工事など、

 

自分でできないところは、

 

業者に、依頼すればいいわけです。

 

 

 


例えば、壁紙やクッションフロアー、網戸や障子、ふすま、


フローリングの張り替え、室内の塗装、


などはDIY(日曜大工)でできます。

 

 

技術を持っていなくても、

 

ホームセンターで聞いたり、

 

本やインターネットでやり方を学び、

 

実践で経験を積めば、自前でもできるようになります。

 


どうしてもできないところは、


工事業者に教えてもらったり、

 

業者と、一緒に作業することである程度、

 

会得できるはずです。

 

 

 


サラリーマンの仕事と、全く違う仕事なので、


気分転換に、なっていいものです。

 

 

その場合でも、費用対効果を考える必要があります。

 

 

費用対効果と言っても様々ですが、


一番大事な点は、時間的効果になると考えます。

 

 


自前リフォームを行なうと、業者に依頼するのと比べて、


費用は材料費のみになりますので、半額位でできてしまいます。

 

場合によっては、10分の1位の費用ですむ時もあります。

 

 

ただしこれは費用面での話です、やはりセルフリフォームは、

 

時間がかかって、かえって効率が悪くなることもあります。

 

 

従って、自前リフォームにかけた時間と、

 

労力を考慮する必要があります。

 

 


自前リフォームの条件は、時間をかけないことです。

 

 

しかし時、外部に依頼すると、時間は節約できますが、

 

費用がかかります。

 

 

この辺のバランスを取る必要があります。

 

 


基本的に、時間に余裕があるときは、


自前リフォームをしても効果はあります。

 

 


自分で手に負えない、リフォームは、


業者に依頼して、自分でできるところは、

 

自分でしたとしても、その場合の基本的条件は、

 

業者の工事期間に合わせて、自分のリフォームも、

 

終わらせば機会損失を防げます。

 

 

いくら自分でできても、時間がかかってしまえば、


その間の家賃は、取りはぐれになってしまうわけです。

 

 

土日を利用して、自前リフォームをして、


たとえ、業者より安い費用でリフォームができても、


時間がかかっては、効果は薄くなります。

 


あくまでも自前リフォームの期間を、


業者の工事期間以内に、抑える必要があります。

 

 

あわよくば、その後の入居者募集期間中の、


空き時間もでますので、そういった時間をうまく利用して、


リフォームをすれば、効果はあると考えます。

 

 


自前リフォームは、費用を節約するために、

 

費用対効果を考えて時間を有効に使うことがカギですね。

 

 

 

 

 

 

 

関連記事
リフォームは地元の職人さんに一括発注する

徹底(とことん)リフォームか、それなりリフォームか、建て替えか

一棟アパートか区分マンションか

リフォームの費用対効果

 

原状回復リフォームは泥縄式でやる

 

賃貸物件を、現状のまま貸す

 

賃貸住宅に求められない設備(アパート不要設備) 


強気の家賃設定ができる部屋作りを目指す


スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://yutaka-1115.jugem.jp/trackback/743
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク