サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


物件探しに、町の不動産屋を活用する利点 | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
物件探しに、町の不動産屋を活用する利点

物件探しに、町の不動産屋を活用する利点について詳しく




不動産投資の物件探しは、今ではインターネットが、


主流になっています。


 


しかし町の不動産屋さんを活用するのも、


意外に知られておらず、穴場になります。



 

物件探しに、町の不動産屋を活用すると、


いろいろメリットはあります。



 

大家さんを引退する前の高齢の売主が、


物件を売ろうとする場合、まずどこに行くか。


 

大手の不動産業者より、町の不動産屋さんに、


相談する方が多いものです。


 

地元の付き合いのある不動産屋さんの方が、


気心が知れているため依頼しやすいという面があります。


 


その結果、中古アパートの掘り出し物が、


見つかったりするケースがあります。



 

もうひとつ、町の不動産屋さんを利用する利点は


任意売却物件情報が、得られる可能性があります。


 


金融機関や弁護士事務所に、出入りする不動産業者は、


大手ではなく、古くから営業している町の不動産屋さんの中に、


見つかることが多いです。



 

任意売却物件を処理するには、法令や、


専門知識も必要ですし、その他、手間暇がかかりますので、


大手の業者は採算に合わずあまり扱いません。





又、厄介な物件を扱っており、占有者がいるとか、


相続でもめている、いわゆる相続がらみの物件、


築年数の、異様に古い物件や、借り入れが多すぎて、


普通に売却できないような任意売却物件を扱っており、


ひと目につかないまま、ひっそりと営業しており、


同じ不動産屋さんに、わけあり物件を売却して、


仲介手数料料を得ているわけです。




これが大手の不動産屋さんはやりたがりませんし、


そういった物件は町の不動産屋さんが扱っていることが多い。




また、町の不動産屋さんには営業マンはおらず、


店構えも地味で、経営者は、いわゆる高齢で、


儲け主義ではなく細々とやっています。


 


中古物件を購入する際のポイントは、新築物件を勧める、


大手の不動産には行かないことです。


 

町の不動産屋さんに、顔を覚えられると、


希望物件が、手に入る可能性が高くなります。

 

 

高齢の売主の場合、隠居するために、

 

物件を早く手放したいと思っているケースが多く、


 遠くの大手よりも、近くの不動産屋さんに依頼しがちで、


そういった物件を購入する場合、


指値が通りやすくなります。



 

インターネットは便利ですが、


町の不動産屋さんを回ることも一方です。





そしていろいろ、町の不動産を回れば、


相性の良い不動産屋さんに出会えるはずです。









関連記事
いつも物件を勧める不動産屋さんが自分で賃貸経営をしたためしがない

不動産業者には、個人情報を知らせなければならない

業者さんはなぜ建物を運用(賃貸経営)せずに、売るのに徹するのか

不動産屋さんは買主、売主のどちらの見方か

不動産投資、不動産会社の選び方

物件探しに、町の不動産屋を活用する利点


スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク