サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


引越し業者の選び方 | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
引越し業者の選び方
引越し業者の選び方あれこれ


 

自分でやるのは面倒だから、


引っ越し業者に頼みたいと思っても、

 

どこが本当にトクなのでしょうか。


 

業者さんに引っ越しを頼む方法としては、


パックを利用する方法と、


通常の運送屋さんに、頼む方法があります。




パックと運送屋の違いは、

 

パックの場合は文字通り、


引っ越しの作業全てが、


含まれた料金が提示されていて、


分かりやすいことです。



一方運送屋さんの場合は、


荷物の量やサービスの内容などより、


料金に幅が出てしまうところです。




とはいっても、運送料金は運輸省の指導により、


引っ越し運賃というものが定められているので、


ちゃんとした業者なら、ほとんど差がありません。



 

差が出てくるのは、人件費や、


梱包用の段ボールなどにかかる実費の部分です。


 

必ず見積もりを出してもらう事が大事です。

 

 

諸々の条件にもよりますが、


複数の会社に見積りを取る事をお勧めします。

 

 

まあ、とにかく見積もりはタダですから、


最低でも2〜3社に見積もりを依頼した方がいいですね。


 

断るのは悪いと思っている人は、


電話で済ませることもできます。


 

引っ越しパックを利用する場合は、


あらかじめ自分の荷物の量を、


把握しておくことがポイントです。


 

値段の目安は、最も小さなパックがおトクなのですが、


高価なものは、保険を掛けておくのも一方です。




当然、3月の引っ越しシーズンや土、日は、


料金が高くなるケースもありますが、


もちろん休日や深夜などは割り増しになります。


 

逆に、平日だと割引きになることがあります。


 

半日なら少し安くなりますが、


もう1人作業員が必要なら5〜6000円高くなります。



大手の単身パックなら30000円前後になると思います。



家族引越しで、一般的に


10万円前後見ておくといいでしょう。


 

他の会社の見積もりをタテに交渉もできますので、


複数の見積もりを取って、値段だけでなく、


対応のいい業者を選びましょう。









関連記事
3月までに引っ越し入居を考えている人は、完成済み物件がおトクです

仮住まいと引越し費用

引越し入居 スケジュール

夜逃げ引っ越し

新居への引越しの荷物整理

家を借りる人特集

引っ越し貧乏

海外への引っ越し

申込金と手付金の 違いについての説明

引っ越しと お部屋探し

転勤での住み替え

引越、ダブル家賃

引越し業者の選び方


スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://yutaka-1115.jugem.jp/trackback/757
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク