サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


経営はプロに任せることができる | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
経営はプロに任せることができる

経営はプロに任せることができるについてあれこれ




 

経営はプロに任せるという言葉がよく使われます。




また、不動産投資では、


所有と経営の分離という言葉を使う人もいます。


 

つまり、大家さんは、不動産業者から情報をもらって、


物件を探して、銀行融資を取り付けて購入するという、


情報収集に集中すべきで、細かい業務管理や賃貸管理に、


手を出さない方が良いという考え方です。

 


毎月の賃料の数パーセントの手数料を、


運営会社に払い経営を任せた方が、


メリットがあるということですが、


特に自分の家から近くないと、


物件を見に行けないから心配だという人には、


数パーセントの手数料で、


実際の運用をやってくれるという意味では、


管理会社に仕事を巻かせる方が、


リスク対策になって効率が良いといえるかもしれません。



大家は、あくまでもオーナーであって、


会社でいえば株主に当たります。


 

株主は、経営の専門家ではないため、

 

経営の専門家である取締役に、


会社の運営を委託しているわけで、

 

それと同じことを大家さんも、


不動産経営のプロである、専門家に依頼すれべきで、

 

自身は、不動産の所有に専念するという考え方が、



所有と経営の分離です。


 

大家さんであっても、不動産に関する資産の管理を行う業務、



いわゆる、プロパティマネジメントの専門家ではなくて、


建物の管理、賃貸管理、客付けなどの業務は、


不動産経営の専門家である、管理業者に任せて、


自身は情報収集に集中して、


物件の購入に専念するという考えで、


これは所有する物件が、


増えてくれば避けて通れない問題だろうと思います。





普通、プロパティ・マネジメントとは、


投資用不動産の所有者から、


受託して行う業務管理のことですが。


所有者の、資産管理代行業者である、


いわゆるアセット・マネジメント会社から、


受託して管理業務を行うことをいいますが、



これから、不動産投資を始められる方で、入出金の管理や、


物件管理、賃貸経営を業者にお金を払ってやってもらうのは、


もったいないから、自分でやればよいという方には、


想像も付きませんが、物件の数が増えてくると、


専業でやっていないサラリーマン大家さんでしたら、


あまりの面倒くささに、事業を辞めてしまいたいと思ったり、


実際に本業の仕事に支障をきたすことになりがちです。



 

所有と経営が一致した経営では、おのずから、


不動産投資にも限界がやってくるというわけです。


 

しかし何から何まで、所有と経営を、


分離してしまうのも考えものです。



なぜかといえば、管理会社の当たり外れが、


大きいからです。




管理会社というところは、人がよく替わる業界なので、


たとえ、大手だからといって、安心できるわけではありません。


 

ケース・バイ・ケースとしか、言いようがないですが、


問題があればすぐ替えたいところですが、


替えると入居者の家賃振り込み先が


変わったりしますので、注意する必要があります。





なので初期のうちは、管理会社とちょくちょく連絡を取ったり、

 

ときどき抜き打ち的に物件を見に行ったりすることはするべきですね。



 

そしてある程度任せても、OKだと判断すれば、


そこからは先はなるべく、口をはさまない方が良いと考えます。







関連記事
賃貸仲介専門業者は今後縮小する

賃貸仲介会社と管理会社

経営はプロに任せる


スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://yutaka-1115.jugem.jp/trackback/766
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク