サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


仲介手数料0.5か月分について | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
仲介手数料0.5か月分について

建物の構造によって入居付に差があるのでしょうか
退居時に預けたはずの 敷金が戻ってこないのですが。どうしてですか?
ゼロゼロ物件初期費用はいくらかかる
ゼロゼロ物件 フリーレント
ゲストハウス経営
ルームシュアー
外国人に対する賃貸
短期間にリタイアしたいのなら、シェアーハウスにすれば可能になる
引越しを始めるタイミング
ゲストハウス賃貸
大家さんと 不動産屋さんに好かれない人
賃借人の疑問 賃借人の問題解決について
家を借りる人へ 前編
家を借りる人へ 後編
申込金と手付金の 違いについての説明
これから部屋を探して行く人についての提言
仲介手数料0.5%について
賃貸の更新はなぜ2年契約になっているのか


仲介手数料0.5か月分(半額)について




仲介手数料0.5か月分についてあれこれ

 

 


仲介手数料の上限は賃料1か月分ですから 0.5か月分に


割引いてもらえば部屋を借りる人は得するサービスです。

 

 

 

特に高賃料の部屋を借りる人ほど恩恵を受けるサービスです。

 


ところで 仲介手数料は 賃料1か月分が相場ですが、これは妥当なのでしょうか。

 

実は不動産屋さんにとっては 何件も案内しなければならない 実働時間に対し 


賃料1か月分は、安いという感覚なのです。


確かに成約率3%という業界では 報酬として十分ではないかもしれません。


ではなぜ仲介手数料割引きが可能なのでしょうか。

 

それは不動産屋さんは 大家さんからも仲介手数料を受け取れる

 

仕組みになるからです。

 

元来 不動産屋さんは物件に入居者が 決まった時に広告手数料として


大家さんから賃料1か月分受け取っているのですが仲介手数料は


受け取っていません。

 


仲介手数料は入居者のほうから、賃料1か月分受け取るようになっています。

 

でも仲介手数料を入居者に0.5 か月に割引く代わりに大家さんから 


その分の0.5か月、受け取るからです。

 


つまり入居者が0.5か月分割り引かれる分を


大家さんが負担しているのです。

 

 

大家さんの方も空き室にしておくよりも埋まる方が良いので


負担しましょうということになります。

 


これは更新料も受け取れなくなってきているのと同じで 空き室の数が増えてきて


部屋が埋まりにくくなってきていることも起因しています。

 

 

大家さんのいいなり 不動産屋産のいいなりで、払う根拠、必要のないものまで


払ってきた時代は終わりに近づきつつあるという兆候の一つが


この手数料の割引きなのかも。

 


この他に仲介手数料 ゼロ円というのが ありますが これは大家さんと 直接契約になる


物件か 仲介不動産屋さん自身の所有物件のことです。

 

 

 


スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク