サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


不動産会社社員は、投資物件を買うのか | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
不動産会社社員は、投資物件を買うのか

不動産会社社員は、投資物件を買うのでしょうかについて

 

 

 

いい物件なら、顧客に勧めずに不動産会社社員が、


自分で買うのでは?


こう思われる方も、多いと思います。

 


ところが、


不動産会社の営業マンの多くは、

 

自分の物件を所有していないことが多いですね。

 

 


不思議なぐらい、所有していないものです。

 

 

かりに所有していても、自宅を賃貸に回している程度で、


賃貸専用の住宅を、所有している営業マンに、


私はお目にかかったことはありません。


 

不動産会社の営業マンは、物件を売ることや、

 

仲介することが、仕事であるため、

 

運用のほうは興味を示しません。

 


 

不動産会社の営業マンは、お金を持っていないのか、

 

持っていても、それを使って投資して、

 

そして、長期にわたって回収していくようなことはせず


目の前の売り上げと、営業目標の達成に、

 

関心があるようですね。

 


彼らは、不動産営業のプロであって、


今まで、聞いたこともないような言葉を連発して、


お客の不安を一掃して、販売を掛けてきますので、


素人は、うまく丸めこまれてしまいます。

 


物件を勧めることには、百戦錬磨のやりて営業マンには、

 

大家さん予備軍当たりでは、太刀打ちできないかもしれません。

 

 

しかし、不動産会社社員は、投資物件は持ち合わせていません。

 


不動産会社社員は、投資物件を買いたいと思っていても、


実際には、買って大家さんにはなりませんね。

 


私も何回か確かめてみましたが、

 

そういう人は、少しは興味を持っているそぶり示しますが、

 

実際に自分で不動産投資することには関心を示しません。

 

 

 

オタクの所有している投資用不動産は、


どこに、どれだけあるのですかと聞いてみれば、

 

いや買いたいのは、山々なのですが、


お客さんのように自己資金が、潤沢でないものですから


という返事が返ってくるものです。

 

 

見ているのと実践するの違います。

 


それでも、3つほど所有していますよと、

 

うまくいう営業マンもいます。

 

 


そうした場合、毎月の家賃収入やローンの返済額、失敗談、


リフォーム費用など、矢継ぎ早に質問をしたらどうですか。

 

 

 

そうすると、きっと白旗を上げます。

 

適格な答えが返ってこないです。

 

 

 

彼らに比べれば、すでに大家さんになっている人や、

 

大家さん予備軍の方のほうが、

 

この道では、経験が深いのですから、


堂々といていて構いません。

 

 

これは不動産賃貸の客付けをやっている、

 

営業社員であっても当てはまるようです。





不動産賃貸業の、社員であっても自己の、



賃貸用の不動産を持っていません。

 

 

身につけた専門知識を、生かしたくても、


自分のために、使われていないことが多いものです。

 

 

 

不動産仲介会社の営業マンは、

 

大家さんに羨望とコンプレックスを、


同時に抱いています。

 


彼らは不動産を、売却したり、買い取ったり、

 

紹介するプロかも知れませんが、


運用という考え方は、持ち合わせていませんでした。

 


彼らの収入源は、仲介手数料であったり、


売却手数料にあるわけです。

 


つまり、手数料収入や、物件を安く買ったり、

 

高く売ったりして、その差額を、

 

会社の利益とする専門家であるわけです。

 

 

特に買い取り専門会社などのプロは、

 

高く買う事はありえないし、


さらに、競売などで、安く落札して、


実勢価格で、販売を掛けてくるところもありますので、


注意が要ります。

 

 

不動産投資は、物件を買う事が目的ではなく、


物件を運用して利益を上げることが、目的ですので、


売買のみを得意とし、資産運用から切り離されているような


会社の社員では、購入後のリスクを負うことはできませんので、


大家さんの、パートナーにはなりえません。

 

 

これは、会社の規模が大きい、小さいに限りません。

 

 

買った物件を、資産としてうまく運用できるような、


能力があれば信頼できます。

 

 

 

ところが、収益物件を専門に扱っている会社、
 

例えば、不動産投資コンサルタント会社の方は、
 

自己所有の物件を、持っていることが多いですし、


実際にご自分でも、投資されている人が多いものです。




なので、投資用物件の扱っている会社の、


社員の方が、話は早くなります。

 

 


余談になりますが、不動産会社社員やパートナー、


投資案件を扱う不動産会社が、大家さんと対等に渡り合うためには、
 

それなりの高度な知識を持っている人材、

 

及びそういう体制が整っていないと、


投資家である、大家さんとは、とても対応できませんし、


投資物件を扱うという事は、顧客の財政状況を見て、


投資計画を判断し、顧客の利益になるような物件を提案し、


長期的視点に立って、顧客の利益を図っていくという事なので、


不動産取引の初歩的な、宅建資格レベル以上の、


高度な不動産知識と経験が、必要なことはもちろんのこと、


高い倫理観をも、持ち合わせていなくてはなりません。

 


そういう意味では、不動産投資の成否は、


パートナー選びが、重要になってくると私は思います。

 

 

 





関連記事
不動産屋には、個人情報を知らせなければならない

業者さんはなぜ建物を運用(賃貸経営)せずに、売るのに徹するのか

土地つきの一棟アパート 一棟マンションはどこで入手するのですかについて

収益物件の探し方

 

不動産会社が賃貸経営をしない理由

 

サラリーマンの不動産投資は副業になり、就業規則違反になるか

不動産屋とどのように付き合えばよいのだろうか

いつも物件を勧める不動産屋さんが自分で賃貸経営をしたためしがない

不動産会社社員は、投資物件を買うのか

アパート経営の難しい点
 


スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク