サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


賃貸契約に必要なもの | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
賃貸契約に必要なもの
賃貸契約に必要なものあれこれ



入居者(借主)の立場から見ると、

不動産屋さんに出向いて、借りる部屋が見つかったあと、

いろいろと、しなければならないことがあります。



契約時に必要な物は、ほとんど役所で取り寄せになります。



契約者本人の必要書類、

住民票(入居者全員)、印鑑は認印でOKの場合がほとんどですが、

物件によっては印鑑証明書が求められます。



身分証明書(運転免許証や健康保険証の提示)、

その他、源泉徴収票、所得証明 在職証明書が、

必要な場合があります。



物件によっては、入居者全員の顔写真、

フリーランスの方は、確定申告書、

それから、現金は当然必要です。



礼金、敷金、仲介手数料、前家賃、鍵交換費用、

保証会社保証料(2〜4万円)、

保証料は2年ごとに1万円程度の更新料ありのが一般的です。



火災保険料(5,000円〜2万円)、

不動産会社によっては持参ではなく、

契約前日までに指定口座に、

振り込んでください、という場合もあります。



契約時に必要な手続き、

各種申込書記入、

保証会社審査申込、

火災保険申込、

印鑑証明(契約によっては実印で押印)、

連帯保証人

場合によっては、保証人の住民票、所得証明等が必要。



保証会社利用でも保証人は別に必要になります。

保証会社は、単に家賃を保証するだけですので、

その人が、もめごとを起こさないなどの、

部屋全体の保証のための身元保証人は必要です。



最近は家賃を銀行引き落としにするケースが多いです。



その場合は、銀行通帳、銀行印を用意。



契約に必要なものは、不動産屋さんによって、

物件によってケースバイケースですが、

あらかじめ、手付けの際に必要なものや金額は提示されますので、

前もって用意しなければなりません。



契約の際、いろいろ賃貸以外に源泉徴収票や、

印鑑証明などの言葉がでてきて面くらった人も多いと思います。



これらの書類は、契約時には必要なことが多い書類です。



書類がそろえば、最後に、不動産屋さんから、

重要事項説明を受けて入居契約完了です。



契約が済めば、カギの受け渡しになります。



鍵は渡されても契約開始当日までは、

部屋に入ることはできません。



鍵があるからといって、契約開始当日までに、

部屋に立ち入ることはトラブルの原因となります。









関連記事
一戸建を借りる費用

家を借りる人特集

部屋を借りるのに必要な費用について
 


スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク