サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


大地震などによる、建物被害のリスク | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
大地震などによる、建物被害のリスク

大地震などによる、建物被害のリスクあれこれ

 

建物に関するリスクとしては、

 

大地震が一番心配だと思います。




 

地震以外にも、台風、火災などによる建物被害の、

 

リスクがあります。

 

 


不動産を抱えていると、大地震などの時に、


建物が倒壊するリスクというものを、

 

常に背負っています

 

 

 

建物が、壊れるリスクだけでなく、


建物の維持管理に、落ち度があったとして、


住んでいた人に、訴えられることもありえます。

 


実際に、阪神・淡路大震災の時に事例があります。

 


対策としては、購入前に建物の構造を、


しっかり、チェックしておくことになります。

 

 

特に一棟ものに関しては、建築士などに、


費用を払って、見てもらっておけば安心です。

 


そして、何らかの確認証を保管しておきましょう。

 


1981年6月1日以降の建物は、


新耐震基準で、建てられています。

 


新耐震基準と言えども、絶対安全というわけでは、

 

ありませんが、旧耐震基準で建てられている物件なら、

 

耐震性能を、高めることも必要になります。

 

 


地震の被害は、建物そのものに対してだけでなく、


地震による、火災の被害も大きいのが特徴です。





火災報知機の点検も必要になります。


 


単なる火災保険では、地震による火災は補償されません。

 

 

やはり地震保険に、入る必要があります。

 

立地も、分散させることです。

 

同じエリアでも20〜30劼らいは離す努力は必要です。

 

首都圏でも、東京都心、郊外、神奈川県、埼玉県など、


距離を離すことを心がける必要があります。

 

 

 

地震対策は、どんな些細なことでも、普段から、

 

真剣に考える習慣をつけることですね。

 

 

 

いざ鎌倉と、賃貸業の浮沈にかかわるような、

 

大問題が発生したときに、

 

的確な判断が下せるようにしておく必要がありますね。

 

 

 

 

 

 





関連記事
団体信用生命保険の弱点、(投資用物件でカバーする)

 

地震で建物倒壊で入居者に被害が出ると大家の責任が問われるのですか

賃貸住宅入居者の火災保険は強制加入か

地震保険で支払われる保険金額についてわかり易く

賃貸業の保険について

 

団体信用生命保険、震災

一つの物件で、リタイアするのは非常に危険

中古住宅の建物調査

大地震などによる、建物被害のリスク

火災保険をどのようにかければいいのですか。

地震保険の加入

天災などのリスクに備えて


スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://yutaka-1115.jugem.jp/trackback/788
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク