サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


法人にした場合、税金の額はどうなるか | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
法人にした場合、税金の額はどうなるか

法人にした場合、税金の額はどうなるかについて詳しく



法人にした場合、何が違うのかといえば、

税金です。



つまり、まったく同じ物件でも、個人で購入するのと、

法人で購入するのとでは、税金の額が変わってきます。



しかし、見落としがちなのですが、

個人で購入しても、法人で購入しても、

不動産所得自体については、代わりがなく、

同じ額になるのです。



したがって、法人で購入した場合は、何が変わるのかと言えば、

税金の計算方法が、変わるのです。



例えば、サラリーマンで専業主婦である奥さんがいらっしゃる場合、

ご主人が社長になれば就業規則に引っかかったりしますし、

ご主人の税金の税率が上がったりします。



なので、奥さんが、社長になることが多いのですが、

それは、奥さんにも、報酬が発生するようにするわけです。



そうすると、奥さんが社長になると何が起こるのかと言えば、

奥さんに社長としての役員報酬が入るようになります。



そうすることで、所得が分散されるのです。



ということは、それぞれの人についての税金は、

低い税率が適用されて出てくるのです。



と言っても、個人で購入しても、法人で購入しても、

不動産所得自体は同じ額で変わりませんが税金が変わります。



ご主人と奥さんと二人で分けたほうが、

税率が低くなるのですね。



当然、奥さんの役員報酬も、

この不動産所得の、範囲内での取り決めになります。



極端な話、奥さんの役員報酬を、

不動産所得と同じ額にしたら、

どうなるでしょうか?



この場合は、法人の所得はゼロになり法人税はかりません。



ただし法人の場合は、所得がゼロでも、次の3点の出費が伴います。



一つは、法人住民税の均等割が、最低7万円かかります。



二番目は、奥さんの役員報酬に対する、所得税がかかるわけですし、



やはり、出費は伴います。



もう一つ残念な点は、ご主人の税金計算上は、

配偶者控除が使えなくなります。



つまり法人にした場合、所得がゼロであっても税金がかかったり、

ご主人に配偶者控除の恩恵がなくなる。



ということです。



なので、法人にするときは、早い話、個人で購入したときの税金を出し、

次に法人で購入したときの税金を出し、両者を比較する。



その結果、上の3点を考慮した場合の税金の額を比較をして決める。



ということになると思います。



それでも、法人にした方が、奥さんの役員報酬が入ってきますので、

当然、税金の額の方が役員報酬の額よりは、少なくなって当たり前です。



もっとも、個人の場合は、サラリーマンの収入と、

不動産投資からの収入と合わせて税額計算される関係上、

サラリーマンの収入が多いと、当然税率が高くなりますので、

かなり税金を払わされます。



法人が有利だと思えば法人にすればいいわけですし、

個人の方が有利だと思えば個人で行えばいい。



さしあたり、法人か個人かの分かれ目は、

税金の額です。



ただいえることは、給与所得が多い方の場合には、

税率の関係で、法人で取得する方が有利になってくるのです。



この法人にした場合、有利になるのは、だいたい年収にして、

1,000万円を超えたあたりだと言われています。



なので、将来不動産事業を大きくするつもりなら、

できれば、法人を設立して、法人で、

不動産投資をする方がいいでしょう。









関連記事
小さな会社を複数作る(1物件につき1法人を設立する)

サラリーマン大家さんの、法人税

アパートを個人と法人のどちらで建てる

不動産管理会社を作ってどのように節税するのか

法改正は法人と個人とは違う点がある(法改正によって個人と法人の違う点)

減価償却の赤字分は繰り越せるか、(なぜ法人は減価償却しなくていいのか)

個人事業主は減価償却する(法人は永久、永続企業)

家賃収入を分散させることによる税務(節税)メリット

不動産所有会社の設立での節税

法人なり融資

法人化するための分岐点と目安。

法人にした場合、税金の額はどうなるか

不動産管理会社の設立での節税

サラリーマンで大家さんの場合は 個人でいくのと法人にするのと、どちらが有利か

大家さんが法人化にした方が有利な点

法人で融資を受けるには

 

セルフリフォーム工事の確定申告

 


スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク