サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


あえて人のやらないことをやるあれこれ | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
あえて人のやらないことをやるあれこれ

あえて人のやらないことをやるあれこれ



 

東北太平洋大震災で、土地の値段は下がっています。


特に岩手、宮城、福島の海岸部の土地は、


値段が付けられない状態です。


 

それでも 人がやらないことを あえてやるというなら


被災地の物件を 入手する手があります。


 

なので、この際そういった土地を購入して、


アパートを建てるという計画はどうでしょう。


 

 
震災のため、皆が 敬遠すれば、


現地のアパートは不足する可能性があります。



従って震災地へ向かって投資をすればどうでしょう。


 

需要があるのに競争相手がなく 


震災地は 土地が安くなるので、

 

成功しやすくなります。






地震保険をかけておけば、安心ですし、


採算があえば、問題ないと考えます。


 

震災地土地は、住民に、職場環境や、


財務基盤がありませんので、
 

別の土地に移っていく人が出る可能性があります。




この際、もう一度、住宅ローンを組んで、


家を建てようとはしません。

 

なので、貸家の不足が予測できます。

 


駅前以外はライバルが、少ないのでアパート 


貸家の入居者募集をすれば需要があります。

 


日本全国どの地域でも、住む家を探している人はいるのですが。

 

震災で、家が不足しています。




一度震災にあった土地は、投資家は敬遠します。


 

阪神大震災の時も、長年、住みなれた土地を、


泣く泣く手放す人が多く現れました。


 

なぜなら家を建て替えれば2〜3重ローンになってきますので、


ローンが組めなくなって、資金的行きつまる人が出てきたのです。




再びローンを組むことは難しいので、

 

別のところに移るにも移れません。




震災地の住民は、弱気になっています。




特に新築を建てたばかりに人は困っています。




そういうところに積極的に家を建てることは、


人助けになると思います。





資金が資金がなければ、大家さんもやりたくても、


人助をできません。





しかし、そんあ資金的に余裕がない大家さんでも、


土地を安く分けてもらえば住アパートは建てることはできます。






儲け話しではありませんが採算は取れます。





義援金を出すのと違い、知恵を絞ってやれば、


できることはあります。




大家さんは賃貸業のノウハウを使って、


被災地の人を、助ける気持ちでやらなければなりませんが、


裕福な大家さんなら、問題はありませんが、


被災地の人も、基本的に助けてもらいたいのですが、


無理をしてまで、やってもらいたいとは考えていません。






というわけでもっとも、ノウハウがあっても資金がなければ、


できないわけです。





相手が望んでいるのなら、土地を分けてもらって、


勇気を持ってやるというのも一方です。






なのでお金を儲けようとは思いませんが、


出来る範囲やってみましょう。

 

 

つまり、土地が安く手に入ります。



困っている人が多いわけです。



交渉して土地を安く買う事が可能です。





周辺にマンションなどがあって 駐車場が不足している地域の 


建物の建っていない土地は、駐車場用地としても見込めます。


 

だから あえて被災地に投資して、


貸し出そうということです。




楽だから、儲かるからという観点から不動産投資をする、


それは利己で判断しているわけです。


そうではなく、ここで賃貸住宅を建てると、


儲けることはできないかもしれない。



しかし、この試みは社会のため、


みんなのためになると考えられるなら、


いかに、難しい試みであっても挑戦してもいいのでは、


ここは、心を静め、純粋にして、


自分の進むべき方向を自分で考えてみてはどうか。



そうはいっても、確かにたいへん厳しいやり方かも、


しれませんが、それをやることで、


本当の意味での、開拓者になれるのではないでしょうか。










関連記事
あえて人のやらないことをやる不動産投資

どんな物件にもいいところはある あえて長期売れ残りの物件を買って来る

震災 団体信用生命保険

大地震などによる、建物被害のリスク

火災保険をどのようにかければいいのですか。

地震保険の加入

天災などのリスクに備えて





スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク