サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


外国人に部屋を貸す場合の注意点 | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
外国人に部屋を貸す場合の注意点


外国人入居可の注意点あれこれ



大家さんの多くは外国人を嫌いますが、


外国人入居OKにすれば、


それだけ選択肢が増えることになります。

 


外国人の障害は言葉の違いですが、

 

中国や韓国を本国とする入居希望者は、


日本語をマスターしている人が、

 

たくさんいらっしゃいます。


 


外国人入居可の注意点の一つは、家賃保証会社の、

 

保証を付けることで防げると思います。

 

 


また別に、身元保証人も確保しておきましょう。

 

 

保証人は単なる友人などではなく、

 

日本人の保証人であって、

 

ちゃんとした人になっていただく必要があります。


 


又、契約者は日本人や、日本企業であって、

 

入居者が外国人のケースなどは、問題ありません。

 

 

外国人の入居を嫌う大家さん達の懸案事項は、


家賃の滞納や、近隣住民とのトラブル、


生活習慣の相違による部屋の使い方だと思います。

 

 

しかし、外国人の多くは、日本で部屋を探すのは、

 

難しいことを、よく知っていますから、

 

ほとんどトラブルや、クレームがありません。

 

 

 

一般に海外では、入居者の立場が弱く、

 

1週間の家賃滞納でも鍵を交換して、

 

閉めだしたりします。

 

 


保証人に連絡をとって、動産を処分して、

 

家賃に当てるというようになっています。

 

 

 

ですから、外国人は家賃を滞納すれば、

 

鍵交換して閉めだされるということが、

 

頭にありますので、家賃の支払いの優先順位が、

非常に高いという事があります。


 


日本の管理会社も、言葉の壁から、

 

警察沙汰や裁判に持ち込むのは、

非常に面倒で時間がかかるため、

 

鍵を交換してしまうわけです。

 

 

従って家賃滞納は起こりにくいですし、

 

マナーも良くなっています。

 

 

というわけで外国人の入居者でも、

 

積極的に受け入れると、満室経営につながります。

 

 


特に競争力の落ちてきた物件には、外国人可という選択肢は、

取り入れるべきだと思います。

 

 






関連記事
福祉家賃と福祉料金

一度入居者が退去すれば、家賃を下げて募集しなければならない

賃貸のお客にしたくないワースト3は

外国人に対する賃貸
 


スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク