サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


賃借人保証会社の現状はどうなってますか | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
賃借人保証会社の現状はどうなってますか

賃借人保証会社の現状についてあれこれ

 






 賃借人保証会社は家賃の滞納を

 

保証する会社ですが、本来、入居者からも、

 

大家からも、ニーズがある賃借人保証事業は、

 

とても社会貢献性の高い事業です。




入居者は、賃借人保証会社と契約することで、


賃貸契約ができるようになります。


 


大家さんも、家賃滞納の心配がなく、

 

賃貸契約を交わすことができます。

 

 

滞納については、2010年に、

 

追い出し屋規制法案いわゆる法律で、


入居者に無断で、鍵の交換やドアロック、


荷物の持ち出しや保管、深夜、早朝の督促、又、


これらの行為を予告することを禁止しています。





この規制後、大部分の賃貸人保証会社の、

 

家賃立て替え金額の回収率が、

 

大幅に悪化しています。



なので、賃借人保証会社は連日、

 

家賃回収パトロールを強化しています。





最近の、賃借人保証業界は、毎月の新規契約件数よりも、


毎月の立て替え件数の方が多くなっています。

 

保証会社の経営も、悪くなっています。


 


賃貸人保証から、撤退する賃貸人保証会社も出ています。


 


なので、保証会社の一部では、規制案が出た後でも、


普通に玄関のドアロックをしている事実があります。

 


ドアロックの利用目的は、それまで全く連絡が取れなかった、

 

家賃滞納者からすぐに連絡が入る点です。


 


つまり連絡を取るために、ドアロックをしないと、


かなりの、機会損失になるわけです。

 

 

しかしドアロックは犯罪になりますの、


やめないとたいへんなことになります。

 

 

もっとも、大部分の保証会社は規制に、

 

違反しないように、業務を行い始めたため、

 

賃借人保証会社のさまざまな取り立て問題は、



終息へと向かっています。

 








関連記事
入居者と直接賃貸契約を結ぶ場合

保証会社は永遠に家賃保証するのか

入居者にまつわるリスク

 

入居申込後のキャンセルと賃貸契約締結後のキャンセル

入居審査、賃貸保証会社審査

賃貸保証会社保証料と更新料

家賃滞納者への対応は滞納保証会社を利用する。


スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク