サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


50歳からの不動産投資 | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
50歳からの不動産投資

50歳からの不動産投資についていろいろ。

 

 

 

 

50代から、不動産投資を始める人も多くいます。

 


50代の起業は、リスクは高いと言われます。

 

しかし副業なら悪くはありません。

 

 


副業から始めないと、退職後に給料がなくなった場合、

 

たとえ退職金があっても、


前倒しで使ってしまう事になりかねません。

 

 


もちろん、仕事の面でも、この年齢での転職は、


非常に厳しくなります。

 

 

再就職先が決まっても、給与面での下落は大きいですね。

 

 

一般的に見ても、50代以降は親の介護問題も関わってきます。

 

 

それまでずっと仕事一筋で、家族のために頑張ってきた人は、



豊なリタイア生活どころか、50才以降は、



生活苦への道を歩むことになる公算が強いです。






いままでの、経験を生かして独立するとしても、

 

一転して個人事業主として、一から事業ができるかといえば、


不可能に近いものです。

 

 

それまで大企業にいた人の方が、もっと厳しいでしょう。

 

 

大企業にいて、大規模な仕事に携わって、


自分に、能力があるように感じるだけで、

 

うまくいくものではありません。

 



それは会社が、それだけ資本をつぎ込み、

 

会社の名前で仕事ができてたからであって、

 

個人の事業では、同じことはできるとは限りません。

 

 

それまでに大企業にいたり、

 

役職についていたりするとプライドがあり、

 

謙虚に人に頭を下げることができなくなっています。

 

 


そうであるなら、50代でできることは、

 

不動産投資が最も適していると思います。

 

 

50代からの不動産投資は、ローンを利用するというよりも、

 

それまで貯めた自己資金と、早期退職目当ての退職金などを元手に、

 

わりと小ぶりな物件を現金購入して、


それを直して貸すという形になってきます。

 

 

なるべくローンを組まないか、組んでも短期返済の少額で、

 

リスクの少ない投資手段をすべきで、

 

決して大きなローンを組むべきではありません。





そうであっても、50代以降は、

 

給与所得の上昇は望めません。

 

家族の生活も守らなければなりません。

 

 

しかし、住宅ローンの返済もある程度進んでおり、



持家を担保に差し出すことができたり、

 

あるいは、多額の退職金を見込めるなどの、



資金的にも、余裕があるなら別です。

 

 

というわけで、50代でできることは、

 

不動産投資が最適だと私は思います。





人生後半で、事業を起こして失敗すると、


その後の人生に、影を落としかねません。
 

 

それまで会社の名前で生きてきた人は、

 

その先の選択肢が、広がりません。

 

 

 


定年で、稼ぎがなくなって家にいる夫に、

 

妻がいつまでも、優しくしてくれるというのも、

 

非現実的な空想です。

 

 

夫は稼ぐから価値があったのに、稼がなかったら、


価値がないという、発想にしかならないわけです。

 

 

そこを、勘違いしないようにしなければなりません。

 

 

50代に突入し、すでに人生の折り返し地点は、

 

とっくに過ぎているのに、相変わらず人生を謳歌し、

 

事業意欲が衰えることなく、



新たなチャレンジを行って行けるのは、

 

不動産投資になります。

 

 

 

50代からの不動産投資をまとめますと、

 


若い時のように、とことん粘れなくなるので、

 


景気の変動にただ身を任せるのではなく、

 


それまでにある程度の資金を蓄積し、

 


必要量だけ使っていくという、

 


そういった資金的裏付けも必要です。

 

 

 

融資を引くにしても、担保があって、

 


資金面にある程度、余裕がなければ、

 


銀行も貸してくれませんし、

 


失敗しても十分やっていけるという余裕が、

 


どうしても要るのです。

 

 

 


というわけで、どこからも収入が入ってこなくても、

 

ある程度やっていける余裕を持っていることが、

 

50代からの不動産投資の前提条件になります。

 

 

それでも、50代であって身体一つしか残っていなくても、

 


やる気が充足していれば、とことんやれるはずだと私は思います。

 

 

駄目だと思うのか、


成功するまで諦めずに頑張ろうと考えるかは、


その人次第です。

 

 

しかし、諦めないという姿勢が肝心です。

 

 

 

 





関連記事

60代から始める、サラリーマン 副業 アパート経営

70歳からの不動産投資

30代サラリーマンの不動産投資

定年後の不動産投資


スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク