サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


家を借りるには、大手不動産屋さんがいいか、駅前不動産店がいいか | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
家を借りるには、大手不動産屋さんがいいか、駅前不動産店がいいか
家を借りるには、大手不動産屋さんがいいか、駅前不動産店がいいかについて詳しく

 

 

不動産業界は、近年、若い優秀な人がたくさん入ってきて、

 

人材の質も向上しているようです。

 

 

借り手の立場から見て、誠意のある仕事をしている業者と出会う事が、

 

アパート、マンション探しに成功するカギと言えます。

 


それではどんな業者が、誠意があり信頼できるか、

 

その見極めは重要です。

 


その基準は、

 

どの物件も公平に扱い、仕事をマニュアル化していて、


店頭、店内の掲示板が、よく整理整頓されていたり、


接客の仕方がぞんざいでなく、顧客の立場に立って、


親切に応えてくれる業者になってきます。


 


大手不動産屋さんでも、駅前不動産店であっても、

 

それぞれ長所もあれば、短所もありますが、

 

大切なのは、いい物件がそろっていて、


数が豊富で、きちんとした契約ができて、

 

入居までの手続きに無駄がないところです。


 


大手不動産のメリットは、まず物件の多さです。


 

沿線に沿って目立つところに店を構え、


手広くやっており、便利で利用しやすい点です。

 


小規模の不動産店のメリットは、


こちらは密度の高いサービスを、

 

買うつもりで、接すればいいと思います。

 

 

地元密着型で、狭いエリアで物件を紹介したりしています。

 

 

だいたいにおいて信用を大事にし、誠意のある対応をしてくれます。

 


特徴としてけっこう、掘り出し物の物件も紹介してくれます。




ただし店によっては、考え方ものんびりしていて、


時代に乗り遅れ気味の店もあります。

 

 

駅前不動産店には、守備範囲が決まっており、


せいぜい、隣駅までと考えた方がいいです。

 


エリア限定で、探している借り手には向いていると言えます。

 

 

一般に地元の業者は賃料が安く、


後発で都会から乗り込んできた業者は、

 

賃料を高めに設定する傾向があります。

 

 

又歩合給でノルマ主義で仕事をしている店は、


決めることを最優先させるから、


押しつけ商売になりやすい点についても注意が要ります。

 

 

いい業者は、常にお客様優先で、


お客さんに喜んでいただくことに、


全社を挙げて取り組んでいるところです。



そんなお店は、顧客の立場に立って、


難しい要求でも、なるべく有利になるように、


取り計らってやろうとするものです。










関連記事
賃貸住宅、借り手は何に対してお金を払うのか

入居者のとって、賃借人保証会社のメリット

一戸建を借りる費用(家賃7万円の一戸建てを借りる初期費用はいくら)

家を借りる人特集


スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク