サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


多額の住宅ローンが残っていて借り換えができない場合の対処法は任意売却で買い替える | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
多額の住宅ローンが残っていて借り換えができない場合の対処法は任意売却で買い替える
多額の住宅ローンが残っていて借り換えができない場合の対処法は、


任意売却で買い替える



 

ローンの残高が多すぎたり、


物件価額が大幅に下がっている現状では、

 

住宅ローンの借り換えが、


担保不足でできない場合があります。



 

昨今は、勤め先の業績悪化や、


転職などで収入が激減したり、



また、購入したマンションの価値が、


下落してしまっており、あげくのはてに、


金利の高いころでローンを組んだ場合、


このままでは、住宅ローンの支払いが、


できなくなってしまう人も増えています。


 

銀行が担保として認める価値は、


査定価額の8割程度にしかならないもので、


ローン残高と担保価値との差があり過ぎて、


借り換えが難しく、現在の収入で支払える程までには、


支払い額が下がりそうもなく、このままでは、


破綻を免れることができない。



こういった人の対処法として、


借り入れた銀行に相談して、


任意売却を認めてもらうことです。



 

そして、それまでの住宅ローンを整理して、


安い物件を購入して、金利の安い住宅ローンを、


組むということです。


 

マンションが任意売却で、購入者が見つかると、


住宅ローンの残金を払って、新たに金利の安いローンを組んで、


以前のものより、安いマンションに買い替えるわけです。


 

住宅ローンの返済は、年収に応じて30〜35%程度が、


返済の限度額とされています。

 


そこで問題になるのが、定年退職後も、


住宅ローンが残っている人です。

 


当然のことですが、老後は年金が便りです。

 


しかし、貯蓄や退職金が多くあったり、


不動産投資をして、不労所得のある人は別として、

 

年金だけで生活をまかなうにも、


足りない人が多いでしょう。


 

こうした中で、住宅ローンを返済していくとしたら、


生活のレベルを下げるか、買い換えを行うかしかありません。


 


従って、定年までに住居費も含めた、


生活費の見直しが必要になってくるのですね。








関連記事
住宅ローン 返済 困難の時の金融機関相談対応。

住宅ローン返済困難になったとき、競売にするか任意売却にするか

任意売却と競売のメリットとデメリット

多額の住宅ローンが残っていて借り換え困難な人の対処法は任意売却で買い替える

住宅ローン破綻

住宅ローン 返済 困難、住宅を手放す考えの人






スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク