サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


不動産所得減額するためにアパートを子供に売却する | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
不動産所得減額するためにアパートを子供に売却する
不動産所得減額するためにアパートを子供に売却するについて詳しく。

 

 

税金を減らすために、アパートを子供に売却して、


不動産所得を減らすという方法がよく行われます。

 

 

お父さんが、息子さんにアパートを売却し、

 

その代金を、息子さんは、お父さんに渡すというものです。

 


この場合には、建物を帳簿価格で売却しますので、

 

贈与の問題はありません。


 

帳簿価格とは、建物の未償却残高になります。

 

 

アパートを立ててから期間が経つと、

 

未償却残高である、帳簿価格の方が

 

固定資産税評価額よりも低くなってきます。

 

 

つまり未償却残高が限りなくゼロに近づいて行きますので、

 

ゼロに近い金額で息子さんはアパートを買えるわけです。

 

 

例えば、帳簿価格100万円とか200万円といったものを購入して、


年間家賃収入が400万円以上というように、


息子さんの年収はかなりの金額になってきます。

 


建物が古くなれば、息子さんはわずかの出費で、


非常に、年収の高いものが買えるわけです。

 


なので、息子さんにっても、


年収を増やせるというメリットがあります。

 

 

逆にお父さんの収入は、それだけ減ることになり、

 

その分所得が減りますので、税金が安くなる仕組みです。

 

 

もしお父さんに、借入金があるのであれば、その借入金は、

 

息子さんが引き継いで支払っていきます。

 

 

 

または、その借入金を、一旦お父さんが、金融機関に返済して、

 

新たにアパートの購入代金を、今度は息子さんが、

 

金融機関から借り入れるという形をとります。

 

 


いずれにしても、お父さんは、未償却残高と同じ金額の、

 

キャッシュフローを受け取る事になります。

 


しかし、借入金自体の金額が小さい場合には、

 

借用証書を、作成した上で、


お父さんに分割返済していくという方法を、

 

取ることもできます。

 

 

そして、土地については、


お父さんから借りるということになります。



ただし、地代をタダにします。

 

地代をタダにしても問題ありません。これで通用します。

 


以上は売却の場合ですが、贈与の場合でも同じ考え方です。



ただし贈与の場合は、建物代金は、未償却残高ではなく、


固定資産税評価額を採用します。








関連記事
個人事業主は減価償却する(法人は永久、永続企業)

家賃収入を分散させることによる税務(節税)メリット

新築アパート経営は失敗になる可能性がある

アパートを建てて固定資産税を減額する対策

アパートを子供に贈与して所得を減らす

不動産所得を減らすには、法人を設立して節税を図る

不動産所得が増えていくことは良いことでしょうか。


スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク