サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


広くて古い一戸建てを賃貸に出す場合 | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
広くて古い一戸建てを賃貸に出す場合

広くて古い一戸建てを賃貸に出す場合について詳しく





古くて、かなり広い、旧家のような、


一戸建てを賃貸に出す場合あれこれ、

 


子供が独立しますと、夫婦2人では広すぎる自宅を、

 

持て余すことになります。

 


こんな時は自宅を賃貸にし、自分たちは賃貸マンションに、


移られたらいかがでしょう。

 


かなり古く、しかも広い一戸建ての自宅は、


持て余すようになるため、家族数の多い人に、


そのまま借りてもらうのがいいと思います。

 


この場合、リフォームしないで、そのままのほうが良いのです。

 

 

といいますのは、中途半端に手直しするのなら、

 

いっそ、リフォームしないまま貸すほうが、


原状回復問題が、発生しなくていいのです。

 

 

借りる側としては、変にリフォームされると、

 

キズを付けられないからダメなのです。


 

賃貸で一番困るのは、キズを付けることができないことです。


 

日曜大工のように、借りた人が勝手にリフォームし、

 

原状回復しないまま、そのままの状態で、


出ていくことができるような物件がよいわけです。


 

それも、できるだけ古いほうがいいのです。


 

ちなみに、古くて小さめの一戸建てや、


100平米以下の、標準的な一戸建てなら、


完璧にリフォームして、貸すほうがいいのですが、


土地が広く、部屋数も多く、かなり広くて、


古い一戸建ては、そのまま貸すほうが、


賃貸費用を抑える意味でも、


借りる方もそのままがよいと思います。





広めの一戸建を、完璧にリフォームして、



貸す場合は、家賃が高くなりますから、



なかなか入居者が、決まりません。




余談になりますが、一つの方法として、


こういった物件は、シェアハウスにすれば、


入居者はつきやすいですよ。








関連記事
修繕費の見直し

不動産賃貸業の、 諸経費の見直しを検討する

シェアハウス、ゲストハウス経営

広くて古い一戸建てを賃貸に出す場合

一戸建て賃貸

賃貸物件を、現状のまま貸す


スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク