サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


不動産投資にはチャレンジ精神が必要、 お金のある人は、いい投資ができていない | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
不動産投資にはチャレンジ精神が必要、 お金のある人は、いい投資ができていない

不動産投資にはチャレンジ精神が必要、お金のある人は、いい投資ができていないあれこれ


 


不動産投資家の醍醐味は、いかに融資を引いて資産を拡大していくか、

 

大きくレバレッジをかけて、RC一棟マンションを購入して、

 

いっぺんにリタイアすることに、憧れますが、

 

これは、〇億円のきれいなマンションを持っていると、

 

誇らしく思えるぐらいの、メリットしかありません。

 


たとえば、3,000万円を、頭金にして、

 

一棟RCマンション(1億5,000万円、利回り10%)を、

 

購入したとき。

 


買主は利回りからみて、3,000万円の頭金で、

 

年間1,500万円の家賃が、得られますので、

 

これはいいと思って、購入しているはずです。


 


ところが、実際は管理費やローンの元利金の支払い、

 

固定資産税と所得税、住民税など、あれこれと支払えば、

 

キャッシュフローは、良くて年間100万円位の金額しか、



残らないケースになっていたりします。

 


これでは、何か修繕があったら、持ち出しになります。

 


お金のある人は、これが普通だと思って、


買い方が甘くなることが、決して珍しくありません。

 




せっかく頭金3000万円もあって、


最悪、持ち出しになるのでは、

 

不動産投資をやる意味がありません。


 

これで、いざ売ろうとしても、残債がたくさん残っていますので、

 

繰り上げ返済をして、ようやく抵当権を抹消できるという状況に、

 

なるくらいです。

 

 

普通でもRC物件は、修繕など莫大な維持費がかかってきます。

 


これでは、次に買う人の分まで、


修繕してやっているのと同じようなものです。

 

 

メリットを考えると、ローンを完済したときに、

 

土地と建物が残って、それがいわゆる資産となる位でしょう。

 

 

3,000万円もの頭金があれば、


もっと他にいい投資はいくらでもあります。





たとえば、3,000万円を投資に使うのであれば、


現金の強みを生かして、担保価値のあるものを、


現金買いすることでいくらでも安く買えます。


 

買値以上の資産価値のある物件を、購入していくことで、



銀行は評価してくれるので、次の物件の担保に活用して、



少ない予算で、さらに物件を増やしていけます。


 

3000万円で、500万円の戸建てを数件、


現金購入してリフォームして貸せば、

 

物件から得られるキャッシュフローで、


すごい勢いで資産は増えていきますし、


精神的負担も、限りなくゼロに近いというもの。



 

しかしほとんどの、お金を持っている資産家は、面倒くさいので、



そんなやり方をせず、一発で決めてしまい、この投資額にして、



これだけというような収益に、甘んじている人が多いのです。





一方お金がない人は、少ないお金を最大限生かすための知恵を、



必死で考えるため、おのずと、このお金で、


最大の利益を上げられる方法を、探し充てるようになります。



お金のない人は、銀行からうまく資金調達する方法はないかと考えて、



他人のお金を使わせてもらう方法をいろいろ考えるでしょう。


 

お金持ちは、そういうことを考えなくても、


不動産投資市場に、参入できるため、


安易な物件で、手を打ってしまい、


一方、お金がない人は、お金がないという弱みの克服を、


真剣に考えるため、いい物件が買える可能性があります。



従って、自分には能力もないし、知識も、資金もない。



しょせん無理な話だと思って、不動産投資を、



簡単にあきらめてしまう必要はありません。




人間には、無限の可能性があるのだから、


やりようによっては、何とかなるのではないか、


と思うところから可能性を追求していくことができると思います。




そう言ったところで、確かに簡単にできるものではありません。


それでもお金がないから私にはできないだろうと、


安易に決めつける必要は決してないと思います。



もちろん、自己資金がゼロの人が不動産投資をするには、


少なくとも手持ち資金は必要です。


お金を貯めるという地道な努力をしなければなりません。



何とかやれるのではないかと、


無理やりにでも考えたいものですね。



そうすれば、今はお金がないが、やってみようと、


地道な努力を始めるようになるはずですよ。



進歩というものは、一歩一歩から始まっていくものだと思います。


お金がないからしないと。



人はえてして変化を好まず、


現状を守ろうとしがちです。



しかし、現状を守ろうとすることは


すでに後退が始まっていることを意味すると思います。


不動産投資にチャレンジするというのは、


高い目標を設定し、現状を否定しながら、


常に新しいものを作り出していくことだと思います。


新しいものを作り出すという言葉は、


勇ましく非常に快い響きを持つ言葉ですが、


これには裏付けが必要です。



困難に立ち向かう勇気と、


どんな苦労もいとわない忍耐力と、


あらゆる努力が必要だと私は思います


お金のある人は、


挑戦をしないものかもしれません。


不動産投資の興亡を見ても、


いわゆるお金のない人が、お金のある人より、


成功した例がいくつもあります。



お金のある人と、ない人が対立した場合、


資金レベルから言えば、


資金の豊富な資産家が勝つだろうと思いますが、


実はそうでないことが多いです。



今は、お金のなくても、


より強い闘争心を持っている方が、


成功することが多いです。



つまり不動産投資で成功するためには、


何があっても成功するのだという貪欲さ、


闘争心が必要だと思います。



そうはいっても、自分には属性も低く能力も劣っているし、


資金もない。


しょせん、無理な話だと簡単にあきらめてしまうことはよくありません。



それでは、人間の無限の可能性を追求することにはならないからですよ。


 


スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク