サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


自宅を一時的に賃貸に回したり、転勤時にリロケーション物件でサラリーマン大家になる  | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
自宅を一時的に賃貸に回したり、転勤時にリロケーション物件でサラリーマン大家になる 

自宅を一時的に賃貸にしたり、転勤時にリロケーションで、大家さんになるについて

 

 

 


リロケーション物件は 不動産屋さんが 

 

転勤などで一時的に転居する人の住宅を預かって、

 

賃貸住宅として貸し出す物件のことで、

 

賃料徴収や日常の管理点検などをすべてひっくるめて、

 

不動産屋さんが請け負う形で、これで、サラリーマンは、

 

転勤 海外赴任などの一時的に家を空ける時が来れば、

 

家族全員で引っ越して、空いた家を貸し出して、

 

家賃を受け取ることができるというシステムです。




 

遠く離れたところで勤務していても、

 

自宅の管理の心配もありませんし、


また戻ってきた時に、速やかに、

 

明け渡してもらえるようになっている点が、


心強いところです。



 

サラリーマンの方も、このような制度があるということを、

 

前もって知っておくことで、急に転勤の事例を受けても、

 

あわてることがなく対処できると思います。


 


サラリーマンの場合、通常3月の移動期に、

 

リロケーション会社に、依頼することになるのですが、

 

対策は前もってしておくに、こしたことはありません。

 


 

また、リロケーション賃貸のよいところは、

 

別に転勤でなくても利用できることです。

 

 

 

 


転勤時だけでなく、大家さんの都合で一定期間だけ、


自宅を貸家に転用することも可能です。

 

 

 

ファミリーマンションの場合、

 

出口を探るためのシミュレーションにも使えるのです。

 

 

例えば、自宅の売却は考えているが、今は時期が良くないので、

 

しばらくは賃貸にしておいてお小遣いを稼ぎ、

 

市況が回復して売り手市場になれば、

 

売却に持っていこうとする作戦を取るために、

 

一時的賃貸を利用するという方法が使えるのです。

 

 

 

一般的に、賃貸に出せば、大家さんの一方的な理由で、

 

入居者を退去させることはできませんが、

 

定期賃貸ならそれが可能です。

 


特に、マンションの場合、

 

高値で売却しやすい時期と言うものがあります。

 

 

それを基準に出口を模索するためには、


物件の売却時点の築年数を考慮し、


次の買い手にメリットが残るようにすることが必要です。

 

そのポイントは一般に築30年と言われます。

 

 

築30年なら、法定耐用年数の47年まで、

 

あと17年残しているので、


次の買い手のことを考えても売りやすいので、


その時期に照準を合わせてそれまでは賃貸にして、


その後、売却に持っていく手も使えます。

 

 

ファミリーマンションを賃貸に回す場合は、

 

管理組合がありますので管理が楽ですし、


リフォームも内装だけすればいいということで、


リフォーム費用が一戸建てなどよりは、


少なくて済む利点があります。

 

 

 

 

ちなみに、自宅を貸家に転用した場合の利点は、

 

借入金利や、減価償却費など、

 

あらゆる費用を経費計上できる利点があります。

 

 

 

 

借入金を利用してマンションを買っているなら、


賃貸にすれば、入居者がローンを支払ってくれますし、


完済すれば自分のものになります。

 

 

 

 

ファミリー向けのマンションは、


ワンルームよりも賃料は高めに設定できますし、


借り手が見つからなければ、


再び自分が将来そこに住むことも可能です。

 

 

 

例えば海外に留学するために、

 

一時的に留守にする際にも、

 

リロケーションは役に立つものです。

 



マイホームを空き家にしておくよりも、

 

留学の間だけ人に貸せば、
 

空き家の管理と、留守宅にしておくという心配を、
 

解消してもらえるという、一挙両得のメリットになるものです。


 


余談になりますが、費用を払えば、

 

転勤も含めて、例えば田舎住まいをするために、

しばらく誰も住まないという場合など、

 

ただ単に賃貸にしなくても、

空き家の管理だけを、依頼することも出来ます。



 

それから、余分な荷物を一時預かってもらえる、

 

サービスもあります。


 

また、貸家を探している店子さんも、

 

リロケーション物件を借りる利点はあります。



 

というのは、貸家を探している人の利点は、

立ち退いてもらえないのではないかという、

貸主側の心配がなくなったことで、
 

これまで以上に、良質の物件が安い家賃で、

 

借りることができるというものです。




 

リロケーション物件は、期間が限定される分、

 

賃料は安く設定され、家賃は、

相場より2割〜3割安になることもあります。


 

また、敷金、礼金も安くなっていますので、

 

借りやすいのですね。



さらに、リロケーション物件は分譲タイプが多く 

構造面や設備面に優れているものが多いです。




通常の賃貸借契約では、借り手の都合を優先して更新と、

 

退出ができますが、リロケーション物件は、

 

大家さんの都合で決められるため、賃料は相場より、

 

かなり安く設定されているのが特徴です。



物件はファミリータイプが多く、

 

短期で安く、いい部屋に住みたい人は、

 

このタイプを検討するのも一方です。

 

 


入居期間は、物件情報に記される事になりますが、

 

但し書きとして30日前までに入居者のほうに退室のお願いの、


連絡を入れることになっています。


 


リロケーション物件は更新という概念がないので、

 

サラリーマン大家さんは 一定の期間を過ぎたからといって、

 

更新料を取ることはできません。

 

 

普通は短期物件は家賃が割高になるのですが、

 

リロケーション物件はこういった理由で逆に安くなります。

 

 

家主であるサラリーマンの方も、

 

空き家にしておくより良いので 

 

両者に利点がありますね。

 

 

一般的に多く流通している物件ではありませんので、

 

数に限りがあり、選択肢は多くありませんが、

 

リロケーション物件は借主にとってお借得物件になりますね。

 

 

リロケーションの運営会社は、

 

一部、二部上場及びその関連会社といったところが多く、

信用性の高いところなので、マイホームを持っていて、

転勤する人にとっては、安心して赴任出来ると思います。






関連記事
空室がなぜ埋まらないんだろう

住宅ローンを組んでいるマンションを賃貸に出した場合の銀行の対応は

持家で資産形成する方法

引越しを始めるタイミング

3月までに入居・引越しするメリット

3月引越し、新居購入 入居の物件探し

転勤時 リロケーション物件で大家さんに

引っ越し貧乏

海外への引っ越し

申込金と手付金の 違いについての説明

引っ越しと お部屋探し

任意売却 引っ越し費用

転勤での住み替え

新築マンション引っ越し

同じマンション内、賃貸の人と分譲の人あれこれ

賃貸物件を、現状のまま貸す

住みながら大家さんになる

賃貸住宅から空室率0%へ

大家さんになりたいのですが 今賃貸住宅に住んでいるのですが どうすれば

進化する 貸家

転勤時 リロケーション物件で大家になって

分譲マンション 賃貸問題

分譲マンションを賃貸に回そう

空室がなぜ埋まらないんだろう

住宅ローンを組んでいるマンションを賃貸に出した場合の銀行の対応は

持家で資産形成する方法

不動産投資をするためにはマイホーム(自宅)の純資産価値に気を付ける

住宅ローンを利用して購入した不動産の問題点

自宅を貸家に転用した場合の減価償却計算

 

 

 

 

 


スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://yutaka-1115.jugem.jp/trackback/89
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク