サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


修繕にお金のかかる物件は避ける | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
修繕にお金のかかる物件は避ける

修繕にお金のかかる物件は避けるあれこれ








いかにお宝だといっても、修繕にお金がかかりすぎれば、


お宝ではなくなってしまいます。


 

 

投資家として注目すべきは、貸したり売ったりできるレベルにするまでに、

 

どのくらい、リフォーム費用がかかるのかという点にあります。

 

 

見極めるポイントは、壁紙の汚れや、外壁の汚れなど、


表面的な部分の、汚れなのか、


それとも、トイレや浴室などの水回りの状態、


さらには、雨漏りや配管の問題など、


修繕に、費用がかかるものなのかです。

 

 

見た目だけの汚れなら、リフォームで、


新築同然にすることができます。



しかし、見た目がよくなっても、築年数は変わりません。


 

築30年の物件は、いくらきれいにリフォームしても、


築30年の物件として、市場に出ますので、


費用対効果を考えた場合、かけた費用ほどの効果はありません。

 

 


一方、設備や構造上の問題があり、


リフォーム費用が、高くついてしまう物件は、


高い買い物をするのと同じになってしまいます。

 

 

 

それなら、最初からその分高くてよい物件を、


買うほうがましですから、手間がかかりそうな物件は、


なるべく、選択肢から外すべきです。

 

 


アパートの場合は、リフォームには、


個数分のレバレッジがかかりますので、


より真剣にならざるを得ません。


 

安い物件は後からいくらでも、


出てくる可能性がありますので、



難あれば、見切りをつけて、


新しい物件を探し回るほうがいいでしょう。



 


中途半端にリフォームするのなら、少しでも、

 

新しい物件のほうがいいわけで

 

そういう意味では、できれば平成築の物件は、


修繕面でも、コントロールしやすく、


リスクが少ないものです。




 

自分の所有物件なら、細部まで調査することはできますが、

 

売り物件は、ある程度までしか詳しく調べられません。

 


 

初めの印象で、少しでもリスクがあると思うのなら、


ここで、感情を挟まないほうがいいわけで、


きっぱりやめて、他の物件を探す方が肝要です。



 

安くていい物件は、他にもたくさんありますし、


いくらでも出てきますので。








関連記事
安い物件は、リフォーム代を抑える

入居者が決まってからリフォームをする

賃貸物件を、現状のまま貸す

中古住宅で儲けるためには

不動産投資は、物件選定が、重要な役目をします



スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://yutaka-1115.jugem.jp/trackback/901
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク