サラリーマン大家さんで豊になろう


空室がなぜ 埋まらないのだろうか? | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
空室がなぜ 埋まらないのだろうか?

空室がなぜ 埋まらないのだろうか?

 

 



やはり、原因があります。

 

ひとつづつ 原因をみていきましょう。

 

内覧者が、全くいないということはないと思いますよ。

 


内覧者が、いるけど成約に至らないというのが、

 

ほとんどだと思います。

 

 
どんな 商売でも言えることですが、

 

お客様に気に入ってもらうことが基本ですね。

 

 

時代とともに顧客のニーズは、変わっています。

 

 

現状は問題のない大家さんでも、アパート、マンション経営は、

 

いずれ大きな壁にぶつかることがあるかと思います。

 

 

初めのころは何も努力しないでも、

 

簡単に入居者が集まっていたのが、

 

物件が古くなるに従って、

 

いくら努力して空き室対策をしても、


なかなか、決まりにくくなりますね。

 

 

そうなれば返済が滞って、

 

経営が続けられないといったことにも、

 

なりかねません。

 

 

やはり、状況に応じて先手先手を打っていかなければ、

 

稼働率の高い満室経営などはとても無理な話です。

 

 


リートなどのファンドであれ、

 

今、満室で経営している大家さんであれ、

 

誰もが空室対策に頭を悩ませています。

 


空室対策には、魔法の杖はありませんね。

 


あえて言えば、やはり立地だと思います。

 

 


場所が良ければ、少々建物が古くても、

 

入居者は見つかるものですね。

 


でも立地が良いだけなら誰も苦労しないはずです。

 

 

もっとも、立地の良いところは、

 

ライバルがしのぎを削って進出してきますので、

 

いずれ近いうち、飽和状態になることが予想されます。

 


やはり儲けよりも入居者を優先することだと思いますよ。

 

 

その意味では賃貸経営は、非常に奥が深いものが


あると思いますよ。

 

 

しかし、これは逆にいえば、常に先手を打っていけば、

 

稼働率の高い満室経営ができるということです。

 

 

それと、斡旋してくれる不動産屋さんを、

 

しっかりしたところに任すことも、


ひとつの対策になると私は思います。

 

 

不動産屋さんが変われば 入居者の質も変わってきます。

 

 

大家さんの悩みは、空室問題に始まって空室問題に

 

終わると言われますね。

 

 

 

埋まらないときはつらいものです。

 

 

 

しかし、これは、大家さんが自分で原因を探る必要があります。

 

 

適正にしたつもりの募集条件が適正ではないのではないか、

 

内見者数が少ないのではないか。

 


入居者が決まるのは、内覧者の多さと、


成約率の高さです。

 

 

つまり空室が埋まらない理由は、


内見者数が少ないからなのか、


成約率が低すぎるからなのかです。

 

 

いくら内見者数があっても、

 

決まらない物件はあるかもしれない。

 

 

入居者にとって決め手になるものが、

 

必要なのかもしれない。

 


内見者数が十分にあるのなら家賃設定の調整で、


入居者は付きますが、まぁ、


入居者が決まらないのは、ほとんどの場合、


内見者数が不足しているからです。

 

 

これは、賃貸仲介会社の協力が得られていないことが、


空室が埋まらない原因になっていることが多いと思います。

 


そこで、賃貸仲介会社に連絡を入れて、

 

どのようにすれば内見回数が高まるかについて、


さっそく、ヒアリングする必要があります。

 


入居付のポイントは、賃貸仲介会社に協力してもらえるかどうかに、


かかってくるのかもしれません。

 


協力がなければ、いくら募集条件を適正化しても、


お金をかけてリフォームしても、


入居者は思うように決まらないものです。

 

 

そういう意味では広告料の上積みが、

 

効果あるかもしれません。

 

 

しかしいくら広告料を上積みしても、

 

入居者が気に入らなければ、

 

決まらないはずですよね。

 

 


空室を埋めるためには、内見者数を増やして、

 

成約率を高める必要がありますが、


もっとも、賃貸仲介会社からすると、


たくさんの物件の入居付けの依頼を預かっている関係上


どの物件の大家さんであっても、

 

数多くいる大家さんの一人にすぎませんので、


それには、やはり仲介会社と協力関係を築くことが大切ですね。

 

 

 

 

 

 

関連記事

空室対策の決め手


内覧する人はいるのだが契約まではいかない?

デザイナーズマンションの空室が埋まりません

リフォームしたのに入居者が決まりません

空室対策とリフォーム

賃貸に出す際、浴室とキッチンだけは新品に変える

洗濯機置き場 室外は嫌われる

日当たりが悪いなら 南側にアルミ製のバルコニーを建てる

空室問題解決には 、リーシングに力を入れている業者を探す

ペット可にする時の留意点

 

美人投票(より多くの人に支持される物件にする)  

画像付きのインターフォンを付ける

入居者はどんな部屋を探しているのだろうか

不動産仲介会社の入居付け仕事の仕方

賃貸住宅に求められない設備(アパート不要設備) 


何をすれば入居者を付けられますかと聞く

入居者の初期費用を抑えてあげる

建物の消耗を減らす意味でも家賃を思い切って下げて入居者を入れる

空室が埋まらないと家賃を下げれば決まるのでしょうか

内見時に決まらなかったらほとんど申し込まない

 

内覧者の目の色が変わるような賃貸住宅をつくる

内見された方が申込に至らなかった理由

家賃を下げる場合の注意点(賃貸経営は自由度の高い事業)

賃貸仲介を、専任媒介から一般媒介に変えるべきか

一戸建て賃貸に甘い期待は抱かない方が良い

価格と価値の両方を求めている

アパートとマンションのどちらが入居者が決まりやすいか

どうすれば空室が埋まるのか(もう万策尽きたというときが空室対策の始まり)

内見者を増やすには

空室を埋めるために大切なこと

空室になる賃貸住宅とならない賃貸住宅

満室経営を続ける秘訣は?

3月になっても入居者が決まらなくなっている

自主管理の物件は管理もやっている仲介会社に頼むと永遠に入居者が決まらない

安い家賃設定に挑戦しよう

新築の賃貸住宅の入居者が決まらなくなってきている

現在の賃貸事情、現在の賃貸市場はどうなっている

広告費を2か月出しても入居者が決まらなくなってきている

なかなか入居が決まらない原因のほとんどは水回りに問題あり

近隣調査・物件調査

家賃を下げても決まらないとき

物件の価値を上げて、家賃を上げる

賃貸住宅の入居者のターゲットを絞る

家賃はどのように決まる(決める)

なぜいつも募集しても決まりにくい物件と決まりやすい物件があるのか

不動産投資の永遠の課題は空室リスク解消


女性が住まいを選ぶ際に特に気にすること

おざなりのリフォームや、雑なリフォームでは入居者は決まらない

入居者の層にターゲットを合わせて、立地の選定やリフォームをする

一戸建てに入居者が決まらない大家の悩み(一戸建て入居付けがうまくいかない)

前の入居者の生活感を消す

入居者に選ばれなかった賃貸住宅

入居者募集を依頼する不動産屋さんは1社に絞るか複数にするか

入居者募集一般仲介のデメリット

ゼロゼロ物件 フリーレント1か月を大家から提案する

引っ越し費用を負担してあげて借りやすくする

強気の家賃設定にするか、条件を下げて早く入居者を入れるか

家賃相場を調べて賃貸条件を検討する

最近の不況を反映して、一戸建てでも入居者が決まらなくなっている

賃貸仲介会社への募集依頼の手法

入居者募集対策

入居者が退去する理由

デザイナーズなのに空室になる

家財道具付きとして入居者募集する

元付業者1ヶ月、客付け業者に1ヶ月 という募集方法

賃貸住宅、借り手は何に対してお金を払うのか

入居者の質

駐車場がない物件の空室対策

入居者募集の謝礼(キックバック)の効果

敷金は低い方が、入居者は決まりやすい

賃貸仲介会社と管理会社

空室対策の極意

 

物件の価値を上げて、家賃を下げたら 確実に入居者は決まるのですか  

空室がなぜ埋まらないんだろう?

入居者の募集と不動産屋選び

隣家との外観にも気を配る

空室過多時代にどのようにして賃貸経営の舵を取っていくのか

立地条件を克服するには(与えられた環境を、精一杯生かす)

高い家賃をとると入居者の出入りが激しくなる

 

ますます厳しくなる空室率対策

 

物件の泣き声に耳を澄ます

 

築年数が経った古家を、リフォームするメリット

 

完璧主義を貫く(パーフェクトを求める心が不動産投資の自信を生む)


スポンサーリンク



確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方

私は懸命に記事を書いてきましたが、グーグルの判断は、 ウェブマスター向けガイドラインに違反しているというものでした。 毎日記事を書くのに精いっぱいでSEОのことは何もわかりませんでした。 それなのに、ペナルティを発動されたのです。 さすがにやりきれない思いでいっぱいでした。 記事を書く目的はいったいなんだろうかと、 改めて考えざるを得ませんでした。 しばらくの間、私は悩み続けた結果、 ブログを書く真の目的は、大家である自分の成果を追及したり、 私の夢や目的を実現することではなく、

サイト内検索
カスタム検索

ユーザーの役に立つ、すべてのユーザーのためになる記事を書くこと、 全ての大家さんの豊かさを追求することだと気づかされたのです。 その時から、私は自分自身のスキルや不動産投資の結果を、 より伸ばすという当初の目的を捨て去り、 yutaka-1115.jugem.jp/を、 すべての大家さんの豊かさを追求すると同時に、 社会に貢献することとと改めました。 それ以来、全身全霊をかけて記事を書くことに邁進しようとして、みんなのためにいかなる苦労もいとわないという、 新たな決意を改めてすることができたのでした。
サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://yutaka-1115.jugem.jp/trackback/91
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について (手すり1〜3年、アパート駐輪場10年など)
土地等を取得するために要した借入金の利子

a8mat



a8mat



a8mat



a8mat



a8mat


不動産投資は投資であるからには失敗している人もいるわけです。 不動産投資の現役の皆さんが、 素晴らしい不動産賃貸業の経営に努められるのはもちろん、 一人でも多くの人々を裕福にされますこと、 またそのことを通じて、このサイトを書き続けた意義があり、 皆さんの不動産投資がより良いものとなることを願ってやみません。

AX