サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


30代サラリーマンの不動産投資 | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
30代サラリーマンの不動産投資

 

30代サラリーマンの不動産投資

 

 

 

 


30代で不動産投資をしようという方は、


会社の将来に不安を抱いていたり、


年金不安を、抱えている方も多く、


会社を早期にリタイアするために、


収入を確保しておきたいという、


積極的な動機で始められる方が多いのが特色です。

 

 

いずれにしろ30代で、初めて不動産投資を始める場合は、


キャッシュフローを多く確保することが、前提になってきます。

 

 

30代の人は、先が長いため、


できるだけ長期のローンを組んで、購入することもできますし、


リスクをとっても大丈夫というのがあります。

 

 

 

銀行融資は、30代なら会社員という信用力を、

 

フルに使うことができ、初めから、

 

サラリーマンとしての安定した給料や、

 

勤め先の信用で融資を受けて、

 

不動産を購入することも可能です。

 

 


銀行としても、30代の人は、

 

定年まで20年以上あるということで、

 

融資がしやすく、また物件選定の際も、

 

年齢的に、フットワークが軽く、地方の物件でも、

 

すぐに見に行けるというところがあります。

 

 

 

そういう意味では、地方の物件のほうが、概して利回りが高く、


キャッシュフローも、多く得られ、


早期のリタイアに、つながる可能性があり、


地方物件の方が投資しやすいかもしれません。

 

 

 

地方物件の場合、銀行から遠く離れていて、


融資が受けにくいという問題がありますが、


サラリーマンとしての信用で、


物件のある、地元の銀行と粘り強く交渉することで、


融資を受けることに結びつく可能性があります。

 

 

というわけで、30代はサラリーマンの特権を、

 

十分生かせますし、そういう意味でも、


不動産投資から、十分な収入を得られるまでは、


サラリーマンをやめないほうがいいと思います。


 


サラリーマンをやめてしまうと、30台といえども、

 

融資を受けることが難しくなります。

 

 

 






関連記事
70歳からの不動産投資

50歳からの不動産投資

 

60代から始める、アパート経営

定年後の不動産投資


スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク