サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


汲み取り式トイレ物件を購入する場合 | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
汲み取り式トイレ物件を購入する場合
汲み取り式トイレ物件を購入した場合あれこれ



現在では、汲み取り式のトイレはほとんど見られません。



それでも、地方の古い一戸建てなどには、


公共の下水道管が敷地内に埋設されていないことも多く、


そのために汲み取り式のトイレとなっているケースがよくあります。



特に市街化調整区域では汲み取り式が多いですね。



さすがにぼっとん便所では抵抗があるため、


便器だけ簡易水栓にして、洋式便器として使っているケースが、


ほとんどだと思います。



まぁ、汲み取り式トイレの物件は価格が安いというわけで、


購入する人がいるのですが、そんな、


汲み取り式トイレ物件を購入した場合、


便器についた、尿石をとるという作業から始めるといいでしょう。


 


汲み取り式トイレは汚くて、臭いというイメージがあります。



はっきり言うと、自分が住むならまず敬遠するでしょう。

 

 

しかし汲み取り式を買っても、

 

簡易水洗という水を流す機能がある物件なら、

 

問題ありません。


 


簡易水洗は、一度に流す水の量が少ない水洗トイレであって、

 

見た目は、普通の洋式トイレとあまり違いません。


 


中にはウオシュレット式にして、使っている人もいるぐらいです。



 

しかし、ちまたでいう、ぼっとん便所の場合は、

 

残念ながら、入居者は見込めないでしょう。


 


費用面で言えば、ぼっとん便所から、簡易水洗トイレ化は、

 

一般的に、20万円程度かかります。


 

格安でするところを探せばあるでしょうが、


それでも本体が5〜6万円で、

 

取り付け費用が1〜2万円程度になるでしょう。

 

 


この場合の取り付け費用は、水道工事は含みません、


便器本体の設置だけです。


 

簡易水洗トイレの特徴は、水の流れが遅いことと、


少し匂いがあることです。


 

入居者、内見の時の匂い対策として、消臭剤を備えておくと、


匂いが気にならないと言われますね。


 

地方の物件で、草がうっそうと生え茂った、


長い期間空室の、お化けが出そうな物件は、


汲み取り式トイレであることが多いものです。



 

異様に古い家でも、住む人はいますし

 

生活に困っている低所得層の方は、リフォームされていれば、

 

汲み取り式であるかどうかは、あまり気にしません。


 

地方の草が生い茂ったボロ物件は、


家の中にスムーズに出入りできる状態にしなければ、


水栓化工事がやりにくいものですね。



なのでリフォーム工事をする際は、庭の手入れを兼ねて、

 

歩行型コンバインや、小型トラクター等の重機をレンタルして、

 

庭の草取りを始めて、土を掘り起こしてみると良いです。






関連記事
トイレ移設、増設

汲み取り式トイレ物件を購入する場合

和式トイレの洋式化について

汲み取り式から 水洗トイレに変えるには


スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://yutaka-1115.jugem.jp/trackback/930
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク