サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


不動産投資では、一番手の交渉が優先される | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
不動産投資では、一番手の交渉が優先される
不動産投資では、一番手の交渉が優先されるあれこれ




不動産屋さんにとって、商談という行為は、


先着順を重んじ、最初の客を大事にしますので、


買主にとって、一番手が非常に有利なのです。




特別なことがない限り、一番手の交渉が終わるまでは、


次のお客さんや、他のお客さんには、情報を出したり、


また、二股で、商談を進めたりしません。


 



裏を返せば、他の人が商談中に、後から割り込むことは、


よっぽどのことがない限り難しいです。


 


なので、初めの段階で、買付証明やその他の書類は、


できる限り最短で準備し、なんでも迅速に誠実に対応するなど、


業者を、待たせない態度が大事です。


 

特に任意売却物件は、抵当権設定者の金融機関が了解すれば、


 安く購入できるため、速やかに必要書類を用意することで、


 本気度を示すことができます。


 


ここで躊躇したために、売主の気分が変わったり、


銀行が、もっと高値で購入できる人を見つけたらおしまいです。


 


したがって始めの段階で、購入の意思表示をするスピードが大事ですね。


 


購入の意思表示を示すことで、一番手が優遇されますので、

銀行に購入の意思表示が伝わっていれば、

それまで、任意売却物件は、銀行のお得意さんであっても、


紹介することはありません。


 


住宅ローンの場合などは、ローンがつかなかった段階で、


他のお客さんに情報を流します。


 

それまでは、一番手の人と話を進めます。


 

なぜ不動産会社は一番手を優遇するかといえば、



不動産会社にとって、1番手を優遇する方が楽で確実だからです。



 

不動産会社では、一番手の買主と商談中は、



一定期間、2番手の買主を待たせることになります。


 


2番手の方が、1番手の買主様よりも、


好条件であっても、1番手の買主を優先します。




まあ、しかし、一番手だからと、最後まで気を抜くことは許されません。




売主の気が変わらないように、手付を早く入れるなりの注意は必要です。





不動産投資では、一番手の交渉が優先されますが、


それでも、別のお客さんが現金で高い金額を提示したりすると、


売主もそちらになびいたりして、


逆転される可能性ももありますので注意しましょう。









関連記事
入居者の募集と不動産屋選び

不動産屋さんは買主、売主のどちらの見方か




スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://yutaka-1115.jugem.jp/trackback/933
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク