サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


木造は短期間に有利に資産を築ける | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
木造は短期間に有利に資産を築ける
木造は短期間に、有利に資産を築ける



木造住宅は、法定耐用年数は22年ですが、

築年数がそれを超えた木造住宅を買ったとしても、

4年間は、建物の減価償却はできるようになっています。



ほとんど建物の価値はないはずですが、

ゼロではありません。



たとえ積算価格以下で買っても、

固定資産評価額はありますし、

税務上は4年間は償却できます。



リフォームしたのなら修繕費で上げたり、

資本的支出として減価償却することができます。


又、購入時に不動産会社に支払う仲介手数料なども取得原価になりますので、

この場合、土地と建物に按分して、建物分は減価償却していきます。


建物は短期間(4年間)で大きく減価償却することで、

その分、税金がかからなくて、有利なのです。



つまり、建物の法定耐用年数が切れた物件、

敷地が借地権の物件などは、税金が少なくなり有利です。



というわけで築古木造は、キャッシュフローが貯まりやすく、

木造を購入して、土地建物割合で、

思い切り、建物の割合を引き上げれば、

わずか4年で、木造住宅を償却出来るので、

現金が貯まりやすくなります。



ところがRCの償却期間は47年と長いため、

1年当たりの減価償却の金額が少ないため、

家賃収入については、そのほとんどは、

元利金の返済と、所得税、住民税の支払いに充てられ、

手元にはあまり、キャッュが残りません。



築年数の経った木造の場合ですと、償却期間が短いため、

大きな減価償却によって、キャッシュが貯まりますので、

再投資がしやすくなります。



というわけで、短い減価却期間終了時には、

手元に、キャッシュが貯まっていますので、

それを、再び法定耐用年数の過ぎた木造を購入すれば、

短期間に確実に、資産が増えていくわけです。



これを繰り返していくことで、短期間に、

有利に資産が築け、リタイアまでのスピードが速まります。



そしてある程度キャッシュが貯まると、今度は借入金を起こして、

一棟ものを購入すると、大きく資産が増えてくるでしょう。









関連記事
長期間で経費化するか、単年度償却か

木造は短期間に有利に資産を築ける

木造減価償却短期のメリット


スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://yutaka-1115.jugem.jp/trackback/934
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク