サラリーマン大家さんで豊になろう


シェアハウス経営のデメリット | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
シェアハウス経営のデメリット

シェアハウス経営のデメリットあれこれ

 

 


シェアハウスは、敷金・礼金もなく、家賃も安く、


カバン一つで引っ越せ、気楽なのが魅力ですが、

 

裏を返せば、アパート・マンションに比べて、


居住期間が短くなる傾向があります。

 

 

入居しやすいですが、退去もすぐできるということになります。

 

 

したがってシェアハウスの大家さんは、

 

いかに入居者に長期滞在してもらうかを考えることが、


シェアハウス経営の成功を左右しますね。

 

 

アパート・マンションは、

 

部屋を貸したらそれで終わりですが、

 

シェアハウスは、入居者とコミュニケーションしたり、

 

日常的には、寝室以外の共用部分の清掃やメンテナンスや、

 

住人同士のトラブルの仲裁もありますよ。

 

 

管理運営の手間がかかるのがシェアハウスのデメリットです。

 

 

シェアハウスは、自主管理しているオーナーが多いのですが、



シェアハウスを自主管理をすれば、大家さんはそのために時間を、



取られるということになるのです。




もっとも、シェアハウスを自主管理しなくても、


アウトソーシングする、いわゆる外注すれば、


入居者とのコミュニケーションなどの必要性がなく、

 

普通のアパート・マンションの経営と、


さほど変わらなくなります。

 

 

しかし毎月の家賃から、その分の管理手数料がかかるため、


手取りが若干減るということが懸念されますよ。

 


シェアハウスの管理手数料は、一般の賃貸住宅より手間がかかるため、

 

家賃の約20%位になってきます。

 

 

その他のデメリットとして、

 

アパート・マンションの賃貸経営では、

 

大家さんが用意する範囲は、エアコンやインターネット環境位ですが、

 

シェアハウスでは、家具や家電など、インテリア全般に、

かかわる必要があることです。




また、消防法の制限があり、防災対策も普通のアパートよりも、


しっかりしておかなければなりません。

 

 

 

 






関連記事
土地から購入して新築シェアハウスを建てる

一戸建てを一部屋単位で貸す

シェアハウス経営のデメリット

短期間にリタイアしたいのなら、シェアーハウスにすれば可能になる

ゲストハウス経営

ルームシュアーOKに

シェアハウスに住む

ゲストハウス賃貸
 


スポンサーリンク





リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方



サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://yutaka-1115.jugem.jp/trackback/943
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年など)
土地等を取得するために要した借入金の利子





スポンサーリンク



AX