サラリーマン大家さんで豊になろう


最も苦心する一棟目を買うために必ず必要なこと(最初の1戸をどう手に入れたらよいのか) | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
最も苦心する一棟目を買うために必ず必要なこと(最初の1戸をどう手に入れたらよいのか)

最も苦心する一棟目を買うために必ず必要なこと

 

最初の1戸をどう手に入れたらよいのかについて詳しく

 

 


これから大家さんになろうと不動産の購入を考えている人にとって、


一棟目の物件をどうやって購入していこうかという段階で、


立ち止まっている方も多いのではないでしょうか。

 

 

 

不動産投資の中で最も難しいのは一棟目の物件だと言われます。

 

 

一棟目にしっかりとした物件を購入することができれば、


あとは比較的スムーズに資産を積み増していくことができると思います。

 

 

 

それぐらい重要な一棟目の投資ですが、


他方、一棟目の投資においては、何が正しいのか、


間違っていないのかの判断も難しいため、


本当に何を信じればよいのか分からないという方も、


多いのではないかと思います。

 

 

 

そこで今回は、非常に大事な一棟目を、


安全に購入するために本当に必要なことについて


取り上げてみます。

 

 

 

一棟目を安全に購入するために必要なこと、


それは元手を貯めるということです。

 

 

これはあくまでも安全パイなのですが、


最初の一棟目で失敗すると再起が難しいのです。

 

 

失敗する手法として有名なのが、


自己資金なしのフルローンで融資を組むという形です。

 

 

もちろんすべてのフルローンが悪いということではありません。
 


フルローンを紹介する仲介会社もありますが


仲介会社が悪いわけではありません。

 


ただ、こういったスキームで取り組む会社は、


売ることが目的な会社が多いことも事実です。

 

 

そのような中で重要なのは、安全パイを、


紹介してくれる不動産業者を見つけることです。

 


そして、安全な物件を紹介してくれる不動産会社の特徴としては、


しっかりと自己資金を貯めた上で、

 

購入することを進めてくる場合が多いです。

 

 

 

大家さんになるうえでお金を貯める力があること、


すなわち、金銭感覚を付けることは絶対に必要です。

 

 

 

まずは元手をしっかりと貯めることができる仕組みを、

 

作るようにしましょう。

 

 

 

そして大事なことは、


1件目にローンのない物件があれば、


頭金を貯めてから2件目の物件を購入するよりも、


次の物件のローンを早く完済して、


2件目も早く自分のものにできます。

 


つまり1件目の入居者と、

 

2件目の入居者が自分に代わってローンを払ってくれる、

 

だから早く次の物件の購入が実現できるわけです。

 

 

それが、資産が資産を生む不動産投資の加速装置です。

 


それが実現できるためには、最初にローンのない物件が必要なんです。

 

 

スピードを付けて、物件を増やしていくためには、


いかに早く核になる物件をつくるかがカギとなります。

 


その手始めが最初の1件ですが、


もっとも、資金を貯めることが大事ですが、


最初は頭金200万円からの、


スタートでも構いません。

 


1,000万円の物件を頭金200万円、


3.5%の金利で800万円のローンを活用して購入したとします。

 


このままローンを抱えていても、


もちろんローンを完済することができますが、


それでは物件を効率よく増やしていくことはできません。

 


1件のローンのない賃貸物件をつくるためにはまず、


800万円のローンを、


出来るだけ早く完済してしまうことです。

 

 

そのためには、出来るだけ繰り上げ返済をして、


800万円のローンを完済してしまうことが最良の方法なのです。

 


しかしここで一件目のローンを完済することが、

 

一番苦労するのです。

 

 

そのために、サラリーマンの給料を利用することも、


やぶさかではありません。

 

 

 

1件目のローンを完済すれば、


2件目のローンは、1件目のローンに比べて、


半分の期間で完済できるはずです。

 

 

完済した1件目の家賃収入を、


2件目の繰り上げ返済にまるまる使えるわけです。

 

 

 


ローンのない物件を作れば作るほど、

 

物件が物件を生んでくれますので、

 

時間も見方をしてくれるようになります。

 

 


不労所得を得るという高いモチベーションを維持し続けるためにも、

 

出来るだけ短い期間で、ローンを返済することが得策なのです。

 

 


繰り上げ返済の資金は、家賃収入と給料収入から、

 

何とかやりくりして、繰り上げ返済をする必要があります。

 


つまり自己資金を貯めてから投資するのではなく、


投資をしてから繰り上げ返済することで、


抵当権のない物件を取得していくわけです。

 


たとえば3件目の物件を取得できたとしてその場合、


手元に残る給料からの繰り上げ返済資金と1件目の家賃収入と、


2件目の家賃収入で3件目も早く、


完済してしまうことが実現できてしまいます。

 

 

 

 

 

ローンを返済するということは、


自己資金を貯めているのと同じことになります。

 

 

貯めてから買うことも、買ってから繰り上げ返済することも、

 

同じなんですが、貯めてから買うよりも、

 

返済するほうが楽にできてしまうのです。

 

 

お金を貯めるのはもともと難しいので、返済をするということで、


お金を貯めたのと同じようになります。

 

 

不動産投資には、空室、家賃滞納など様々なリスクがあります。

 

でも、本当はこれらのリスクはそれほど怖くありません。

 

 

それぞれのリスクには、きちんとした対応方法もあり、

 

準備をしっかりしておけば、必要以上に恐れることはありません。

 

 

でも不動産投資で、一番怖いのは債務です。

 

 

債務がなければ、たとえ空室になったり、


滞納にあったりしても、ローン金利が上がってきても、


借入金を返済する必要がないので、


ローン破綻をすることはないのです。

 


つまり不動産投資の最終の目標は、


資産だけが残り、債務はゼロになることなのです。

 

 

というわけで、出来るだけ早く1件目の取得に着手し、


2戸目、3戸目と物件を増やして、


資産が資産を生むような形状にしなければなりません。

 


ローンのない物件を2件所有できれば、


後は、借入れをしても物件を増やすスピードが増します。

 

 

 

ローンのない物件が10件になれば毎年現金で、


新しい物件を次々と買うことができるわけです。

 

 

そうなると物件を選べるようになります。

 

 

もちろん借入しても構いませんが、


借入してもすぐ完済に持っていくわけです。

 


ローンを完済したという実績は非常に重いわけです。

 

 

何よりもローン完済という実績は、銀行からの評価が、


非常に高いものになります。

 


つまり借りても借りても、


すぐ債務がゼロになるという資産が資産を生む形を、


つくってしまうことが、不動産投資にとって、


一番の理想的な形です。

 

 

 

というわけで、

 


家賃収入が増えた分、

 

ローン返済に回せる資金も増やせますので、


完済までの期間はどんどん短くなります。

 

 

 


お金持ちと呼ばれる人たちは、不動産投資であっても、


起業家や、事業家であっても


このような仕組みで、お金を増やしていった人たちなんです。

 

 



関連記事

苦悩し、考え続けた末に見つけた不動産投資の考え方と手法


貯めてから買うよりも、借りて返す方が早く裕福になる

不動産投資を始めるには

美しい心とやさしい心を持って始めた動産投資はうまくいく

ゼロから1を作ることこそ大切。(難しいのはゼロから1を作ること)

300万円のハードルは、大きいのか小さいのか

抵当権を外すために無担保ローンを利用する

レバレッジをきかせてRC物件を買うか、借入をしないで小さな物件を買うか

最初の1戸をどう手に入れたらよいのか

主婦の不動産投資の始め方

 

大家さんには誰にでもなれるのですか

不動産投資を始めるには、どれくらい自己資金が必要か

サラリーマン大家さんになるには

不動産投資、初期費用はこちら

貯金の仕方はこちら

不動産投資の目的

不動産投資、安い不動産を買う事が目的ではありません

不動産を買えるのに 買えない人はこちら

もう5年以上も物件を 見ているのですが まだ一件も買えません。
 


スポンサーリンク



ここまでは、決して平坦な道ではありませんでした。 むしろ険しい上り坂ばかりであったように思います。 初期の頃は書いても自己満足で誰にも読まれませんでした。 それでも懸命に書いてこれたのは、 サイトの目的が、全ての不動産投資家の幸福実現のために、 また不動産投資業界の進歩発展のために、 他によかれしと願うものであったからにほかなりません。 ところがようやくアクセスが増え始めと思った矢先、 思いがけないことが起こりました。
グーグルによる手動ペナルティの発動でした。 yutaka-1115.jugem.jp/はウェブマスター向けガイドラインに違反しているため、 ページを表示することはできませんということです。 毎日一生懸命に記事を書き、 何とかページ数も積み重ねてきましたが、 何が何だかわからず、途方に暮れる毎日でした。 それ以来ペナルティ解除に取り組み、 3回目の再審査リクエストようやく復活することができました。 この解除に1年と2か月の期間を費やしました。 もう一度ペナルティが発動されたとすると、 もう解除する意欲も能力は残っていないかもしれません。 こうして、解除されたのですが、その時は、 大きな代償を背負ったと思いました。

リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)

サイトの目的が、全ての不動産投資家の幸福実現のために、 また不動産投資業界の進歩発展のために、 他によかれしと願うものであったからにほかなりません。 ところがようやくアクセスが増え始めと思った矢先、 思いがけないことが起こりました。 グーグルによる手動ペナルティの発動でした。 yutaka-1115.jugem.jp/はウェブマスター向けガイドラインに違反しているため、 ページを表示することはできませんということです。 途方に暮れる毎日でした。 それ以来ペナルティ解除に取り組み、 3回目の再審査リクエストようやく復活することができました。 この解除に1年と2か月の期間を費やしました。 もう一度ペナルティが発動されたとすると、 もう解除する意欲も能力は残っていないかもしれません。 こうして、解除されたのですが、その時は、 大きな代償を背負ったと思いました。

確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方

私は懸命に記事を書いてきましたが、グーグルの判断は、 ウェブマスター向けガイドラインに違反しているというものでした。 毎日記事を書くのに精いっぱいでSEОのことは何もわかりませんでした。 それなのに、ペナルティを発動されたのです。 さすがにやりきれない思いでいっぱいでした。 記事を書く目的はいったいなんだろうかと、 改めて考えざるを得ませんでした。 しばらくの間、私は悩み続けた結果、 ブログを書く真の目的は、大家である自分の成果を追及したり、 私の夢や目的を実現することではなく、

サイト内検索
カスタム検索

ユーザーの役に立つ、すべてのユーザーのためになる記事を書くこと、 全ての大家さんの豊かさを追求することだと気づかされたのです。 その時から、私は自分自身のスキルや不動産投資の結果を、 より伸ばすという当初の目的を捨て去り、 yutaka-1115.jugem.jp/を、 すべての大家さんの豊かさを追求すると同時に、 社会に貢献することとと改めました。 それ以来、全身全霊をかけて記事を書くことに邁進しようとして、みんなのためにいかなる苦労もいとわないという、 新たな決意を改めてすることができたのでした。
サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://yutaka-1115.jugem.jp/trackback/946
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年など)
土地等を取得するために要した借入金の利子



不動産投資は投資であるからには失敗している人もいるわけです。 不動産投資の現役の皆さんが、 素晴らしい不動産賃貸業の経営に努められるのはもちろん、 一人でも多くの人々を裕福にされますこと、 またそのことを通じて、このサイトを書き続けた意義があり、 皆さんの不動産投資がより良いものとなることを願ってやみません。

スポンサーリンク



AX