サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


投資基準は、貸せるかどうかの判断にかかってくる | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
投資基準は、貸せるかどうかの判断にかかってくる
投資基準は、貸せるかどうかの判断にかかってくるについてあれこれ


 


投資物件を購入する際に常に考えるのは、貸せるかどうかです。



これが一番大事だと思います。


 



貸せるかどうかの判断は、どうしても磨く必要があります。



不動産投資は、飲食店経営と同じようなところがあって、


 たとえば飲食店を新規出店するときに一番重要なのは、


立地と物件状態ですが、


 


不動産投資も、似たようなところがあります。


 

もちろん、誰もが住みたい場所は値段が高く、



住みたがる人が少ないところは安くなります。


 


最寄駅や、駅までの距離も投資判断にとっては重要になってきます。


 

いくら利回りや、物件の評価が良くても、


 立地と物件状態が、悪ければ貸せません。


 


入居者がつかなければ、賃貸経営は成り立ちません。


 


つまり、単純に家賃収入がなければ意味がありません。


 


逆に、物件力と立地が良くても、高く買っていれば、


利回りが低くなってしまい意味がありません。


 

中古マンションの質を見極めるときに、内装や設備ではなく、


立地と管理を見る必要があります。



間取りや設備はリノベーションすることで、


いい物件に変えることができます。



つまり、間取りや設備は変更できますが、


変更できない部分である、立地や、日当たりも、


重要になってきます。


 


広くて、日当たりのよい住戸ならば建物は古くても貸せますし、



場合によっては、割高な家賃設定も可能です。


 


誰でも広く、ゆったりした家に住みたいものです。


 


しかし広くてゆったりした家は、家賃が高くなります。


 


この高い家賃はもったいないと、敬遠されることが多いです。


 



なので、広くゆったりして、家賃が高い賃貸住宅は、



稼働率が悪くなりがちです。


 

必要な広さを持つ住戸でも安い家賃できるのであれば、



現実的に、貸せる物件になってきます。



もっとも、必要な広さがあれば、リノベーションで、


貸せる物件にできますし、高く貸せることにもなります。



現地にて建物状態や、グレードを確認して、


メンテナンス状況を確認する際に、


最も重要なのは、貸せるかどうかの判断です。





古くなって、使い勝手が悪くなっても、


貸せるなら、リノベーションで、


いくらでもよみがえらせることができるはずです、





本当はいくらで貸せるのか(いくらの家賃で貸せるのか)


スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク