サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


資産家になる最善策は繰り上げ返済です | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
資産家になる最善策は繰り上げ返済です

資産家になる最善策は繰り上げ返済ですについて詳しく  





 

空室や家賃の下落に対する備えは必要です。


 

家賃はアパートの新築時や購入時と、


まったく同じ家賃であり続けることはありません。


 

将来の収入の予測は、つきにくいものです。


 


将来の収入は、不透明ですので、


借入金も減らす必要があります。


 


金利上昇リスク、空室リスク、


家賃下落リスクに備えるためには、


繰り上げ返済によって、借入額を、


身の丈に合ったものにしておくことも、


有効策に一つです。


 

また不動産投資の弱点に、


家賃ののび代がないということがあります。




つまり、賃貸中の家賃を値上げすることは難しいため、


将来的にキャッシュフローは増えてきません。




したがって、繰り上げ返済すれば、


金利分の返済を、抑えることが可能ですので、


家賃が増えたのと、同じ効果が期待できます。



 

何はともあれ資産家になるポイントは、


繰り上げ返済です。




家賃収入のほとんどを、


ローンの返済につぎ込んでいるうちは、


資産といえません。



 

というわけで資産家になる不動産投資法は、


借入を行って、不動産を購入して、


そして繰り上げ返済を、


繰り返すことにしたいです。



 

資産が資産を生む状態にするには、


できるだけ短い期間で、


ローンを返済することが大事だと思います。


 

というわけで、賃貸経営は、


繰り上げ返済が一番です。



 


繰り上げ返済をしないで、


物件を増やしていくとリスクが増えます。




ローンのない物件を増やすことが、


不動産投資の王道であり黄金律です。


 

家賃収入以外にも、給与や、副業から、


繰り上げ返済のお金を捻出して、


地道に繰り上げ返済していくことが必要です。




しかし、一旦借りたローンは繰り上げ返済はせずに、


借りておけばいいのにという意見もあります。



それでも繰り上げ返済はすべきだと私は思います。




繰り上げ返済は、賃貸業の利益を上げて、


そこからしかできないものですね。




不動産投資で、一番危険な状態は債務超過状態なのです。




金利が上がって返済負担が重くなってから、


繰り上げ返済するようでは手遅れです。




従って、余裕のあるうちに追い込まれた思って、


必死で繰り上げ返済するべきであって、


安全な不動産投資を行うためにも、


負債の割合と資産価値には、


普段から目を光らせておく必要があります。



もっとも、借入金は賃貸業にかかわらず、どんな事業でも、


たいへんありがたいことには違いありません。




しかしありがたいということは、


居心地が悪いことを意味します。




やり始めたころの賃貸業というのは、


まだいつなんどきつぶれるかわからない状態です。



もしつぶれてしまっては、路頭に迷うどころか、


周囲の人の迷惑を欠けることになる。




これはあってはならないことですね。



とにかく早く返さなければと必死になる必要があるのです。




しかし借入金を返すと言っても、儲かっていなければ、


返すことは、どだい無理です。



もちろん、不動産投資から利益があったからといって、


全てが返済に回せるわけではありません。



そこからかなりの税金が取られます。



税金を払った後のお金で返していくことになりますね。



ここで気づくことは、返す返すと言ってもその行為は、


どんなに難しいことかということを思い知らされます。



不動産投資についてよく知らない人は、


せっかく借りたものは、返さんでいいと言います。



賃貸業を発展させて利益が出れば、


利子だけ払い、そこで銀行から新たな融資を受けて、


さらに賃貸業を拡大させていくのが、


不動産投資ではありませんかと言われます。




元金を返すのはその後になってからでもいいのやから、


そんなに焦って返さなくてもいいと言われます。





お金を借りたら返すばかりでは、


立派な家主であっても、


いい経営者にはなれないとも言われます。




しかしそんなことを言われても、


早く返そうと頑張るからこそ、無借金経営を実現して、


潤沢な内部留保を有する豊かな財務体質の事業に、


なれるのだと私は思います。











関連記事
返済期間を短くローンを組むメリットは何でしょうか

ローン返済 繰り上げ返済にするか 借り換えにするか

繰り上げ返済するか 不動産投資か

繰り上げ返済ペナルティー

自己資金を貯めてから買うよりも、買ってからローン完済を目指す

資産家になる最善策は繰り上げ返済です

住宅ローン繰り上げ返済 投資用ローン繰り上げ返済


スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://yutaka-1115.jugem.jp/trackback/949
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク