サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


不動産賃貸はサービス業です | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
不動産賃貸はサービス業です

不動産賃貸はサービス業ですについて 

 

 

 

 

 

賃貸業とはビジネスであって、


サービス業に当たると思われます。

 

 


 

つまり不動産賃貸業は、

 

空間をレンタルするビジネスです。

 

 

 


不景気になり、給料が下がったり、

 

失業者が増えたりすると、


我々が行う賃貸ビジネスにも影響があります。

 


 
借りて住む人のふところ状態が悪化すると、

 

賃貸業にも影響してきます。

 

 

入居者の皆様がそのアパートに住むことによって、

 

いかに満ち足りた時間を過ごしていただくかを考えることが、

 

今後のアパート経営のポイントになってきます。

 

 

言いかえれば、空室過多の今日、

 

入居者を獲得するために


どんどんとサービスが要求される世の中に


なってきました。

 

 


ビジネスととらえると、入居者を募集する際にも、


入居が決まった後も、ホテルや新築マンションを意識して、


ホテル接客に負けないくらい丁寧に動いたり、


丁寧に扱う必要が出てきます。

 

 

入居者募集する際のリフォームなども、

         

雑にならないように注意する必要があります。

 

 

賃貸業のサービスの種類は、数え上げたらきりがありません。

 

 

 

たとえば、

 

 

入居者向けのインターネット使い放題ブロードバンドサービス、

 


映画チャンネルや 通信カラオケサービス

 

ケーブルテレビサービス

 

カードキー、

 

コインランドリー

 

テレビ付きインターフォン

 

ウオーシュレット

 

シャンプードレッサー

 

宅配ボックス、

 

ベランダ、テラス設置サービス

 

ガレージ付きアパート

 

コンセント増設サービス


リフォーム可能物件サービス

 

建物内設備の取扱説明書ファイリングサービス 

 

 

一戸建ての場合 

 

トイレ2箇所設置サービス、

 

バリアフリー、スロープ設置、

 

新築でも敷金 礼金なし 

 

フリーレント2か月サービス、

 

不動産仲介会社に対する広告料3か月サービス、

 

営業マンに対する謝礼サービスなどいろいろ出てきます。

 

 


これらは、募集するうえで、


競争力と差別化につながります。

 

 

賃貸業はホテル並みサービスとは言わなくても、

 

色々と工夫してどんどん入居者に支持される造りに、

 

変えていかなくては淘汰される時代に

 

入ってきたといっても言い過ぎではないと思います。

 

 

 

 

そのためには賃貸ビジネスを通じて、私たちは心を高め、


人格を磨くことが非常に大事だと私は思います。

 

 

 

愛に満ちた心を抱いて日々生きることで、


経営や人生が開けていくと思います。

 

 

人格を磨くにはどうすればいいのかですが、

 

それは簡単です。

 

賃貸業に打ち込めばいいのです。

 

 

人格とは多くの知識を詰め込むことではなく、

 

日々の不動産投資を通じて、地味な努力の積み重ねで、


向上させることができると私は考えています。

 

 


つまり私たちは一生懸命、

 

賃貸業に取り組むことによって、


生活の糧を得ることができるだけでなく、


人格を高めることができると私は思います。

 

 


それは、自己犠牲を払い、相手のことを最優先に考える、


相手を思いやる姿勢でもあると思います。

 

 


そうした自己犠牲で、相手の心を動かすことが、


先ずは前提です。

 

 


繰り返しになりますが、

 

人格とは、不動産投資の知識を付けたり、


本を読んだりして身につくものではなく、


不動産賃貸業に打ち込むことによって、


身についていくものであると思います。

 

 

不動産賃貸は社会的に意義ある仕事ですので、


日頃の取り組みを大切にしたいです。

 

 


不動産投資に真面目に、真剣に打ち込むことによって、

 

その事業に喜びを見出してこそ、

 

プロの賃貸経営者として仕事を全うできると考えます。

 

 


そのためには日ごろの賃貸業を、少しでも良くしようと、


創意工夫をしながらやっていくことだと思います。

 

 


たとえ零細大家であろうと、経営者として、


家族を守っていく、入居者を守っていく、


集団や、周囲を守っていくために、


賃貸業という仕事に真面目に一生懸命、打ち込むことが、


零細大家から中規模大家になっていくために、


たいへん重要なことだと私は思います。

 

 

 

 

 

 

関連記事
賃貸住宅、借り手は何に対してお金を払うのか

賃貸ビジネスは、サービス業です

不動産の回転率をあげる

機会損失を防ぐ

 

賃貸物件を購入するとは、システムを購入することです

不動産投資失敗を防ぐ

アパート経営のリスク

アパマン経営の失敗

入居者はどんなふうにして部屋を探しているのですか

入居者を募集するときに広告料を2か月分払うのですか

決まりやすいクラスの家賃と部屋

空き室がなぜ 埋まらないのだろうか?

入居者募集の失敗

嫌われる賃貸住宅と 間取り


スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク