サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


入居者退去から、入れ替え時の入居者募集 | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
入居者退去から、入れ替え時の入居者募集

入居者退去から、入れ替え時の入居者募集

 

 

 

賃貸仲介の営業マンの仕事は、


いかに入居者を獲得するかになってきますが、

 

賃貸仲介の営業マンの立場は、


仲介手数料を得ることが目的です。

 


いわゆる仲介手数料については、入居者からと、

 

大家さんから得る、広告料の、

両手取引を狙おうとします。

 

 

 

なので、できるだけ、物件を他社には紹介せず、


自社だけで囲ってしまうと言うことになりがちです。

 

 

したがって、大家さんにとっては、仲介会社が1社だけでは、


空室が埋まる確率が低くなるという欠点があります。

 


大家さんとしては、募集の間口を幅広く持ち、


物件の所在するエリアの全ての賃貸仲介会社から、


入居希望者を、紹介してもらえば理想的ですが、


賃貸仲介会社は通常は、物件の管理も行っている場合があります。

 

 

なので、自社管理物件を優先的に紹介するという傾向は、


事実としてあります。

 


ただ、仲介会社としても、店舗を構えている以上、


店舗当たりの売り上げノルマや、


個人の売り上げノルマがあるケースがほとんどです。

 

 

つまり自分の仲介手数料の売り上げに対して、


ノルマが設定されています。

 

 

したがって現場の賃貸仲介営業マンの立場としては、


あくまでも、毎月の売り上げを、


上げることを優先するのが一般的です。

 

 

 

そのため仲介手数料が得られると思えば、


喜んで入居者を紹介してくれます。
 


しかし、自社で賃貸仲介店舗を持っている一体型の仲介会社が、

 

他社に客付けの依頼をすれば、他社で決まった場合は、

 

手数料は入ってきません。

 


賃貸仲介会社の営業マンにしても、自社の管理物件でもない物件に、


あえて1か月分の仲介手数料しかもらえない物件を、


紹介するということはまずえありません。

 


なのでその場合でも、広告料を払うということを、


大家さんから提案すれば効果的です。

 


大家さんが直接他の仲介会社に依頼して回ることが一番効果的ですが、


しかしこのやり方では、入居者の入れ替え時などに行うと、

前と同じ不動産管理会社との関係が、

疎遠になりますので考え物です。

 

 


どうしても空室が埋まらない場合は、仕方がありませんが、

空室を埋めるためには、営業マンや仲介会社との人間関係を、

重要視する必要があります。

 

 

そのためには広告料を場合によっては、2か月分を払うということも、


考える必要があります。

 

 

つまり、空室が多くなり入居者が決まらない場合は、専任媒介にして、


他の不動産屋さんにも、

 

入居付けをお願してもらうようにして、
 

入居が決まった場合は、広告料として1ヶ月分、
 

見つけてくださった他の不動産屋さんにも、
 

仲介料1ヶ月分の合計2ヶ月分を、支払うようにする方法で、

入居者を募集すれば、早く決まります。



元付の業者さんにも1ヶ月分支払うことを約束して、

そして、契約の手続きは元付業者さんを通じて行うわけです。


 

つまり、このような場合、元付業者さんにも、

 

1ヶ月分払うことになります。

 


というわけで、


専任物件では、賃貸物件紹介の間口は


狭くなってしまうデメリットがあります。

 

 

ただ1社だけですので、客付けは限度があります。


 

その地域にライバル会社も少ない仲介会社なら、


その会社専任で任せても構いませんが、


それ以外では、なかなか空室が埋まらないときは、


広告料を余分に払って、

 

募集を幅広く行う方が効果があります。



いずれにしても、これらの入居活動で、

 

成果を上げるためには入居者にとって、

 

これから始まる新生活の大切な第一歩が、

素晴らしいものになるために、貸主としては、

 

部屋の維持に万全を期して、心を込めて、

 

大切に仕上げておくのは言うまでもありません。










関連記事
仲介会社の営業マンに気に入ってもらう(広告料を余分に払う)

元付業者1ヶ月、客付け業者に1ヶ月 という募集方法

入居者を有効に決めてもらうためには

 

 

 

 


スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://yutaka-1115.jugem.jp/trackback/966
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク