サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


浴室のリフォーム費用を安く抑える。 | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
浴室のリフォーム費用を安く抑える。

浴室のリフォーム費用を安く抑えるについてあれこれ。

 

 


内装のリフォーム工事で、費用が最もかかるのが水回りです。

 

特に、浴室です。


 

浴室のリフォーム費用を安く抑えるためには、


使えるものは使うです。




賃貸物件における浴室リフォームの基準は、

 

既存のものを使うです

 

そうはいっても、


入居希望者に気に入ってもらえなければ、

意味がありません。


 


なので、なるべく費用をかけずに最大の効果が得られるように、


リフォームすることは当然です。

 


浴室は大きく分けて、在来工法とユニットバスの2種類あります。

 


在来工法は、昔ながらのタイル張りの浴室です。

 


現在では、デザイナーズ物件などでは、あえてユニットバスを使わず、

 

在来工法で、デザインを重視した浴室をつくる場合もありますが、

 

浴室は、ユニットタイプが人気があります。

 


ユニットバスは、組み立て式の浴室です。

 


平成築以降の物件のほとんどが、ユニットバスを採用しています。

 

 

浴室は、相当な傷みがない限り交換せずに、


既存の浴室を再生する方法で行くべきです。

 


浴室をユニットバスに交換すれば、

 

50万円〜100万円程度になってきます。

 

 

浴室再生用シート仕上げなら、

 

10万円〜15万円ぐらいで済みますし、

 

塗装仕上げでは、10万円前後になってきます。

 


だいたい、交換した場合の5分の1以下の費用で、

 

再生が可能になる場合もあります。

 

 

浴室部分は、入居希望者が最も気にする部分ですから、


どの程度のリフォームで、入居申し込みが入るかを、


仲介会社にヒアリングすることも一理あります。

 


アパート経営では、プロパンガスを上手に利用することは、


費用を抑える意味で特に重要です。

 

通常、ガス給湯器の修理、交換費用は大家さんの負担になります。

 


特に都市ガス供給の場合は、100%大家さんの負担です。

 


交換には、追い炊き機能のないタイプの給湯器でも、

 

1台あたり10万円程度で、

 

追い焚き機能がついているタイプの給湯器では、

 

15万円程度かかってきます。

 


給湯器交換の費用を抑える意味で、

 

都市ガスでなくプロパンガスに変更することで、

 

費用を抑えられます。

 


といいますのは、プロパンガス会社が、

 

給湯器を無料で交換してくれますので、

メリットが享受できるのです。




なぜかといえば、現在のプロパン業界は、

 

厳しいシェア争いが続いています。

 

 

これは、都市ガス供給エリアが増え、


プロパンガスから、都市ガスへの供給変更が増えているためです。

 


またオール電化住宅が増え、ガス供給自体必要のない世帯も、


増えていることが考えられます。

 

 

またプロパン業界でも、取引の自由化に伴って、


プロパンガス会社同士でのシェア競争も激しく起きています。

 

 

プロパン会社から別のプロパンガス会社への変更も生まれています。

 


プロパン会社から別のプロパンガス会社への変更は、

 

ガス種別が変わらないため、比較的スムーズにできますが、
 

都市ガスから、プロパンガスにガス種別を変更する場合には、


少し注意が必要です。

 


なので、切り替え前に入居者募集に影響ないか、


仲介会社にヒアリングするのがいいでしょう。

 

 

なぜならプロパンガスは、都市ガスより、

利用者の、ガス料金が高くなるからです。

 

 

又、すでに入居者がいる場合は、

 

既存入居者に説明する必要があります。

 


プロパンガスのいいところは、給湯器のリース料金が、

 

無料になっていることです。

 


さらに、契約期間中の修理費用はプロパンガス会社の負担になっています。


(フリーメンテナンス契約)


浴室リフォームは費用がかかりますので、

 

プロパンガスを採用することは大家さんにとって得策です。





プロパンガスの契約期間は、新築を除き、

一般的な契約期間は10年程度です。

この契約を大きく超える契約は、注意してください。

ただし、都市ガスからプロパンガスへ切り替える場合については、

プロパンガス会社の費用負担が大きくなるため、

15年程度までは範囲内と考えていいでしょう。





築古物件の浴室をできるだけ費用をかけずに入居者に満足してもらうには

 

プロパン会社との提携で経費削減(大家さんと利益相反しない関係)

 

お風呂、ユニットバスのリフォームの減価償却

プロパンと都市ガス(プロパンから都市ガスに変更)

給湯器 取り換え工事 賃貸マンション

リフォームのすべてについて


スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://yutaka-1115.jugem.jp/trackback/977
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク