サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


不動産投資儲け | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
月100万円のキャッシュフローを得ようと思えば、月に200万円の利益を出さないといけない
月100万円のキャッシュフローを得ようと思えば、月に200万円の利益を出さないといけないあれこれ

 


200万円の利益というと大変儲けたように、


思うかもしれませんが、


そこから半分が税金として引かれるわけです。




200万円の利益(家賃収入−経費)を得ても、


100万円しか残らないのです。

 

ここで問題なのは節税に走ってはいけないということです。




節税しようと一生懸命考えると、事業は縮小していきます。




税金は経費と考えて、100万円残したかったら、


200万円の利益を出すという心構えです。


 

不動産投資では、家賃収入の1割くらいの、


税引前利益がなければ、


非常にリスクが高い賃貸事業になると思います。


 

利益が上がっていなければ、


設備投資も大規模修繕も行えません。


 

以上を踏まえて言えることは、高い利益がなければ、


資金調達ができませんし、償却や、金利負担に耐えられません。


 

なので、税引後利益と減価償却費の範囲内でしか、


実際には設備投資や、事業資金の返済は見込めません。


 

家賃収入から経費を引いた税引前利益の積み上げが、


賃貸業の実績になり、銀行もその実績を見て、


融資(プロパーローン)の判断を下しています。

 



いまどきの金融機関は資産があっても、


業績が伸びないところよりも、


資産がなくても業績が伸びているところに、


融資をしたいと考えていますね。


 

利益性を高めて事業の実績をつくり、留保した利益で、


物件を買っていく方が、はるかに堅実だと思います。








関連記事
不動産投資、本当に残るお金はいくら?

月100万円の収入を得ようと思えば、月に200万円の利益を出さないといけない

実は、大家さんはいつでも倒産体質(不動産投資そのものにそもそも欠陥がある)


スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク